タグ : A820

実機を見ない状態でのウォークマン新製品に対するインプレ


昨日発表されたウォークマン新製品。ようやく製品の詳細な情報が確認できたので、この時点での個人的な感想をばしたためておきます。

NW-Z1000シリーズ

iconiconAV WatchがXperia arcとの機能比較を表にしていましたが、3G通信機能を省いたAndroidスマホ(Xperia)であり、ソニー版のiPod touchと言っても過言でないっすね。成り立ちが亜流なのにフラッグシップとして出てきちゃいました。

S-Master MXなど独自の高音質化技術を盛り込みつつ、音楽の新たな楽しみ方を提供する独自の機能として、専用の「W.ボタン」やオリジナルの音楽再生アプリ「W.ミュージック」をバンドルすることで、Androidスマホとの差別化を強調。機器連携では標準機能となったBDレコーダーの「おでかけ転送」対応も差別化要因でしょう。

上質な音楽体験として掲げる「カバーアートビュー」「おまかせチャンネル」「ライブラリ」「ビジュアライザー」「歌詞ピタ」「ちょい聴きmora」は、大半が従来機で採用されているもので、新鮮味は無し。

楽しみが広がり進化し続けるマルチアプリケーションといっても、基本的にはAndroidマーケット頼み。ウォークマンのコンセプトに合致するアプリを「Select App」でソニー自らがちゃんと継続性を持って紹介していけるかに注目。iOS並にラジオやDJ、楽器アプリなどが充実してくると面白くなりそうなんだけど…。

対応の音声圧縮形式は、MP3/ATRAC/ATRAC Advanced lossless/AAC/HE-AAC/WMA/Linear PCM。同ビデオ圧縮形式はMPEG4/AVC(H.264 Baseline)/ WMV。Tegra2の1GHzでもMain Profileの動画再生できないのかなあ。対応してくれたらPSPと区別する必要が無いので、運用がラクになるんだけど…。

PCアプリは、Moraとの関係からなのか、「x-アプリ」のままなのが気になりますが、Media GoがATRACやPCMに対応してくれない以上、どうしようもないか…。v.3で使い勝手が向上してればいいけど、機能追加でその逆になってないことを祈るばかり。

Android搭載ってことで、従来機と違ってサポートに相当負担がかかることが予想されます。また、ウォークマンそのものはソニーの戦略商品であっても、将来的にAndroid搭載モデルがシリーズ化され続けるのかどうかもわかりません。

個人的には、かつてCLIEがPDAを始まりとして目指した「パーソナルエンターテインメントオーガナイザー」の流れを音楽プレイヤー側からアプローチした製品であると勝手に解釈。実際に使ってみることでソニーの新しいアプローチを評価してみたいと思ってます。

持ち歩くのが基本の商品なので、出先で通信が出来る出来ないで相当評価も変わってくるだろうなあ。ジョルテなどの優秀なPIMもGoogleのクラウドサービスと連携することで格段に使いやすくなるし…。Wi-Fiルーターの類と組み合わせて使うか、スタンドアローンでどこまで使えるか…。みたいなことを模索する行為自体を楽しめたらそれはそれで面白いのかも。

ま、実物見てまた評価は変わるかもしれないけど…。

ちなみに、ソニーストア限定モデル『NW-Z1070/W』はホワイトを基調にしたプレミアムデザインモデルだそうですが、発売が2月とかなり先なのが気になります。震災の影響で仕上げの工程がずれるとかそういうことなのかなあ…。

NW-A860シリーズ

iconiconZと同じく史上最高音質を歌う新Aシリーズ。従来の機能に加え、タッチパネルの直感操作とA820シリーズのみにとどまっていたBluetoothに対応。ワイヤレスでのファイル送受信にも対応するなど出来ることも増えています。

まあ、なんだ。要はXシリーズのWi-Fi(ネット接続機能)をBluetoothに変更して、X以後の機種に搭載された歌詞ピタやらカラオケ機能を盛り込んだのが新シリーズなんじゃないの。

系譜にするとXとAの進化の先に位置する純然たるウォークマンが今回のAシリーズと言えそう。

続きを読む

apt-X対応の高音質Bluetoothヘッドホン「Creative WP-350」を試す(2)


クリエイティブメディアのPure Wirelessシリーズのマイク内蔵Bluetoothワイヤレスヘッドホン「WP-350」のモニターレビュー第2段(1回目はこちら)。今回はペアリングと音質の感想など。

■こんなにあるぞBluetooth対応機器


一昔前と比べて、Bluetooth対応機器も爆発的に増えたので、WP-350と接続出できる機器も実に様々です。

・iOS端末(iPhone、iPad、iPod touch等):内蔵、専用ドングル
・iPod:専用ドングル
・Creative ZiiO:内蔵(apt-X対応)
・ウォークマン:内蔵モデル(A820シリーズ)、専用ドングル(NWB1)
・VAIO(WindowsノートPC):内蔵、USBドングル
・携帯電話:内蔵
・Android搭載端末(スマートフォン、タブレット):内蔵
・PSP go:内蔵
・Bluetoothトランスミッター(ステレオミニプラグで音声出力可能な機器であれば何でも)

続きを読む

ウォークマン新製品が米FCC通過~Bluetooth&NCのAとBTのみのS?


Walkman 2011年モデル

ネット巡回していたら「Sony and Love Power」さんでウォークマン新製品に関するエントリーを発見。お馴染みFCCにて下記の2シリーズが認可を受けていたとか。なお、サイト主宰のRieverさん曰く、いずれもWi-Fi非対応なことからAndroid採用の可能性は限りなく低いのではとのこと。

NWZ-A860シリーズ
・NWZ-A864(8GB)、NWZ-A865(16GB)、NWZ- A866(32GB)、NWZ-A867(64GB)の4モデル
・Bluetooth、ノイズキャンセリング(NC)対応

NWZ-S760シリーズ
・NWZ-S764(8GB)、NWZ-S765(16GB)の2モデル
・Bluetooth対応もNC対応かは不明

Aシリーズ新製品(ピンクの方)はPSP goを縦にしたようなデザインでちょっとずんぐりむっくりな印象。側面中央にA820と同じBluetoothボタンらしきものがありますね。Sは現行機種同様スリムなイメージ。あー、正面を拝みたい。にしても、ようやくスタンダードモデルにBluetoothが標準採用になりますか。BT好きとしては感慨深いものがあります。AシリーズはA820シリーズ同様、BTとNCが排他なのか、それとも対応ヘッドセット or レシーバーが出るのか、気になるところ。米国での正式発表並びに国内向けの詳報が待たれます。

ドッグタグタイプの「ワイヤレスヘッドホンセット BIT-BSH18」を試す(2)

ドッグタグタイプのBluetoothワイヤレスヘッドホンセット「BIT-BSH18」レビューですが、第一弾から随分日が経ってしまいましたが、遅ればせながら第二弾をば。

■色々なBluetooth搭載機器で試す

BSH18は2台までのマルチペアリングに対応しており、A2DPとHFP/HSPを別々の機器で接続可能です。iPod/iPad/ウォークマン等で音楽を聴きながら、Bluetooth対応の携帯電話やiPhoneの待ち受けや通話等が可能です。

たとえば、ケータイに着信があった場合は、音楽を再生中のプレイヤーは即座に再生を停止し、呼び出し音を再生。BSH18の通話ボタンを押せばケータイの音声がイヤホンから再生され、自分の声はBSH18のマイクを通じてケータイに送信されます。また、通話終了後は自動的にプレイヤーの音楽再生が復帰するというのがこの手の機器の一般的な機能になります。

それとBSH18には若干気になる仕様がありまして、通信開始時のみボリュームが徐々に上がるフェードイン再生になります。停止、もしくは一時停止後の再開時もフェードイン再生になります。再生をしばらくストップしたままだと、どの機器でもいったん接続が切れるみたいです。これは他のレシーバーには無い機能なんですが、最初は耳に優しくて良いと思ったんですが、だんだん煩わしく思えてきました。次世代機があるのならこれは解除して欲しいかも…。

というような前置きをした上で他の機器との連携具合を以下にメモしておきます。

続きを読む

FMラジオとしても使えるBluetoothレシーバー「BT60」の受注スタート

ソニスタで2/10発売予定のBluetoothレシーバーの新製品「DRC-BT60Picon」の受注がスタート。ちなみに、本日の注文で2/3発送らしいっす。本体デザインが今ひとつなんですが、有機ELディスプレイ採用、着信電話番号やラジオのプリセット登録が視認可能、映像と音声のズレを調整できる「ビデオモード」も搭載ってことで、新機能に魅力を感じたら買いでしょうか。にしても、9,980円は高いなあ…って今ならクーポン15%オフなのか~。

iconicon

そうそう、このところ毎日リテールコム「BIT-BSH18」を使ってますが、ウォークマンA820との相性が実に良いです。停止状態からの再生時のボリュームアップのデフォがちょっくらうざいけど、A820からのボリューム操作が可能なのがうれしい・・・って使ってない人には何言ってるかわかりにくいですね、すいません。ともあれ、この内容で3,900円の値付けには驚きっすよ。

ダンスミュージックレコード、米Soundmatters社の小型スピーカー「FoxL V2」を発売

Bluetoothといえば、こーんな高級スピーカーがまもなく発売されるそうです。フル充電時で最長5時間の駆動、USB端子からのバスパワー充電、ダイナミックレンジ拡大、、低域増強機能付と高機能っぽいんだけど価格がなんと22,000円。

リテールコムのBITシリーズとスペックは大してちがわないっぽいけど価格が約4倍。音質もさることながら、サイズ感も非常に気になるんだけどこの価格じゃ手がでないかなあ…。

続きを読む

ウォークマンA820・S710/610シリーズのファームアップデート

ウォークマン 「NW-A828/A829」 「NW-S615F/S616F」 「NW-S715F/S716F/S718F」 本体ソフトウェア アップデートプログラム提供のご案内(ソニー製品情報)

ウォークマン 「NW-A828/A829」 「NW-S615F/S616F」 「NW-S715F/S716F/S718F」本体ソフトウェアのバージョンをアップデートするためのプログラムを提供開始。

iconiconこれにより、ウォークマンとマイクロハイファイコンポーネントシステム(CMT-V3)、クレードルオーディオ(CPF-NW001)、アクティブスピーカーシステム(SRS-NWGU50、SRS-NWGM30、SRS-NWZ10)、Bluetoothオーディオトランスミッター(WLA-NWB1icon)を接続して音楽を再生しているとき、接続している製品に付属のリモコンまたはBluetooth接続機器で操作をすると、音が大きくなる場合がある不具合が改善されるとか。

なお、A820は本体ソフトウェアのバージョンが 「1.02」 以下が対象製品、S710/610は本体ソフトウェアのバージョンが 「1.01」 以下が対象製品。

うわ、NWB1との組み合わせでそんな不具合が出る場合があったんだ。てかさすがにA820にNWB1は組み合わせないよなあ。てことであまり意味無いけど、A829をうぷでーとしてみました。ま、精神的にもスッキリしますしー。ちなみに、数分で終わりましたですよー。

wma820_fmup

あ、そういえば今日がA840の発売日だったっけ。カタログで史上最高峰のXシリーズの上に鎮座ましましているのが気にくわなから買ってやらん。てか買えん。さておき次にBluetooth搭載機が出るのはいつになることやら…。

続きを読む