タグ : ノイキャン

デジタルノイキャン対応Bluetoothヘッドセット「MDR-EX31BN」が安い

ex31_other

ソニーのデジタルノイキャン対応Bluetoothヘッドセット「MDR-EX31BN」が安い

昨年10月発売のソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「MDR-EX31BN」が大手量販オンラインショップでかなりお安く販売されています。

続きを読む

SOMC、スマホ・タブレットの新フラッグシップ「Xperia Z2」シリーズをMWCで正式発表~噂のウェアラブル端末「SmartBand」も同時発表

xperia_z2

ソニーモバイル、Mobile World Congress 2014にてプレスイベントを開催 ~Xperia™スマートフォン、タブレットの新モデル、スマートウエア商品などを発表~

SOMCが「Mobile World Congress 2014」でプレスイベントを開催し、スマートフォン「Xperia Z2」「Xperia M2」、タブレット「Xperia Z2 Tablet」、スマートウェア商品「SmartBand SWR10」などを発表。

続きを読む

ソニー、ハイレゾ対応のフラッグシップ機「ZX1」を含むウォークマン6シリーズ14機種を新発売

wm_lineup_2013

スタイルに合わせて高音質で音楽を楽しめる、ウォークマン®6シリーズ14機種を発売~CDの音質を超えるハイレゾリューション・オーディオ音源に対応した 新シリーズ『ZX1』、『F880シリーズ』を含む、多様なラインアップを展開~

ソニーが、ハイレゾ音源に対応した「ZX1」「F880」の2シリーズを含むウォークマン計6シリーズ14機種を発売すると発表。ワイヤレスステレオヘッドセット機能を搭載し、スマートフォンとの連携を強化したスティックタイプのMシリーズと、ヘッドホンを首にかけたままでも音楽が楽しめるヘッドホン・スピーカー一体型の『NW-WH303』も新発売。フラッシュメモリーを内蔵したウォークマンとして史上最長となる、最大約77時間のスタミナ音楽再生を実現したSシリーズなど、既存のシリーズも機能を大幅に拡張展開。全モデル共通の機能として、新たにMac OSに対応。Windows OS向けには、パソコン用アプリ「Media Go」を同梱し、Xperiaなどのモバイル機器ともライブラリー管理を一元化が可能になっています。

続きを読む

ソニー初、ノイキャン対応のBluetoothヘッドセット「MDR-NWBT10N」を約2年越しに試す

DSC06400

先日購入したウォークマンブランドのノイキャン対応Bluetoothステレオヘッドホン「MDR-NWBT10N」。発表当時、個人的に大変興味があったのですが、何となくタイミング逸してしまい、2年越しの入手と相成りました。購入の最大の理由は値下げで入手しやすくなったこと。実際、ソニーストア経由で5千円ちょっとで入手できました。

続きを読む

ページ: 1 2 3

欧ソニー、ウォークマンEシリーズ新製品を発表~上位機はデジタルノイキャン搭載でFLAC再生対応

wm_e580380

Listen for longer with new E Series Walkman® video MP3 players

欧ソニーがウォークマンEシリーズの新製品2機種「NWZ-E580」「NWZ-E380」を発表。E580は、8GBと16GBの容量違いのモデルがあり、77時間のスタミナ再生、デジタルノイキャン搭載、FLAC再生対応などが特長。シリーズ最安値のE380は、4GBと8GBの容量違いのモデルがあり、連続再生も30時間と少なめ。

続きを読む

2012/12/18のつぶやき


※最近買ったCDたち。paris matchの10枚目「edition 10」。実にらしい仕上がり。気楽に楽しめる安心のクオリティ。他の2枚はマニア向け。松下誠と加藤崇之、二人のギタリストのカラミが聞き物のズールーズ「01」に日本が誇るリズムセクション青山順と伊藤広規の「A*I」。前者も後者もフリージャズというかロックというか、インプロビゼーション中心なので聴く側にもかなり忍耐が要求されますな。売れて欲しいけど絶対売れないだろうな…。

「RECOPLA」&「TWONKY BEAM」の合わせ技、iPad miniで録画番組のストリーミング視聴を試す
放送中番組のリアルタイム転送について、パケットビデオの高木社長が「検討している」と話しており、今後の展開に期待できそうとのこと。

ソニー サイバーショットDSC-RX1【第1回】 苦労の末に手に入れた無理目の女!?
これまたいまだに実機を触ってもいないというか見てもいない。

84V型だから見えるもの、ソニーの4Kテレビ「KD-84X9000」に感じた国産テレビの誇り
内容・クオリティーを精査すれば168万円という価格も決して高くないとか。そうは言っても、世の中の九割九分の人はありえないと感じるはず。

あなたは仕事に“アツく”“情熱”を持って挑めていますか?iPhone書籍アプリ☆リリース記念キャンペーン☆『ソニー生命 4000人の情熱』が配信開始!
2009年の本だけど85円は破格。とりあえずポチっとこう。

ドコモ、「Xperia AX」の“正しい”かざし方を案内
こんなアナウンスしないといけないとはね…。

続きを読む