タグ : α350

1020万画素CCDにクイックAFライブビュー搭載のα300登場

デジタル一眼レフカメラ“α”にエントリーモデルを追加 液晶を見ながら レスポンスよく自在なアングルで撮影を楽しめる 有効1020万画素CCD搭載の「液晶フルオート一眼」“α300”発売(ソニードライブ)

iconiconソニーは、有効1020万画素CCDとボディ内蔵手ブレ補正機能に加え、α350で好評のクイックAFライブビューを搭載したデジタル一眼レフカメラ“α”のエントリーモデル“α300icon”(ブラック、シルキーゴールド)を7/17に発売すると発表。ボディとレンズに淡い金色を施した「シルキーゴールド」を本体色に加え、柔らかいイメージを演出。

価格はオープンで店頭予想価格は、ボディ(DSLR-A300)単体が70,000円前後、ズームレンズキット(DSLR-A300K)が80,000円前後。ソニスタでの販売の販売価格は前者が69,800円、後者が79,800円。

なお、7/7より10/15までの間、「クイックAFライブビュー」搭載の“α350”“α300”購入者に対し、1万円のキャッシュバックキャンペーンも開催されます。

また、バウンス撮影時に便利な業界初の回転機構「クイックシフトバウンス」を採用し、ガイドナンバー58を実現するフラッシュ「HVL-F58AM」も8/28に発売されるそうです>バウンス時の配光を維持したまま 素早く縦・横構図を切り換えられる業界初の回転機構「クイックシフトバウンス」を搭載 大光量ガイドナンバー58を実現したフラッシュ『HVL-F58AM』発売(ソニードライブ)

クイックAFライブビューは欲しいけど1420万画素はいらないという人にはナイスな選択肢?シルキーゴールドが選べるのもグッドですね。α200とα350との価格差はちょうど2万。10月まではキャッシュバック付きなので価格差を考えるとかなりお得な印象ですね。

【追記】デジカメWatchのニュースは、α200、α350との機能比較一覧が載っているので違いがわかりやすいです>ソニー、可動液晶モニター搭載デジタル一眼の廉価版「α300」

続きを読む

ソニーがα本体とレンズの体験モニター募集~真夏の一ヶ月間使えます

商品体験モニター募集のお知らせ(ソニードライブα:アルファ)

ソニードライブでα本体とαレンズのモニター募集のお知らせが掲載されてます。α本体(α700、α350、α200)を体験できるコースと、レンズ(Planar T* 85mm F1.4 ZA、Sonnar T* 135mm F1.8 ZA)を体験できるコースの2つで7/7に応募受付開始。募集対象は、前者がα本体、αレンズ、サイバーショット、ハンディカムのカスタマー登録者、後者がα本体またはαレンズのカスタマー登録者。募集人数は若干名。貸出期間は7/30~8/31。終了後は製品の返却とアンケート回答義務があるそうです。

iconicon夏真っ盛り、しかも1ヶ月まるまる借りられるのでサマバケにも使えますね。高価なCarlZeissレンズを思う存分試せるというのも見逃せません。競争率高そうだけど、応募してみますかー。

そういえば、α200がソニスタで1万円値下げされたみたいです。ボディのみで49,800円。にしても安くなりましたねー。

続きを読む

プロが選ぶ低価格デジタル一眼レフ~α350は4位、α200は8位

【プロが選ぶデジカメ“ザ・ランキング”】低価格デジタル一眼レフ編・総合ランキング発表!

iconicon日経トレンディネットの特集、プロが選ぶ低価格デジタル一眼レフ編の総合ランキングが発表されました。ソニーのαシリーズは、α350iconが4位、α200iconが8位と健闘。ちなみに、1位はキヤノン「EOS Kiss X2」、2位と3位はオリンパスのE-420とE520。2位のE420は、「とにかく軽量&コンパクトなボディーが高く評価されたモデルで、いつでも気軽に持ち歩きたくなることのメリットを推薦理由にしたカメラマンが多かった」そうです。

個人的にも期待しているαの小型モデル。「小型・軽量という開発軸は必要でぜひ挑戦してみたい」との発言があったのが4月。プロ向けのハイエンドと同時に小型モデルが発表されたらインパクト大きいのでは…。期待してます。

続きを読む

ソニスタ、Flickr連携のオンラインデジタルフォトアルバム作成ソフトを無償公開

オンライン上で簡単にデジタルフォトアルバムを作成 さらに進化したx-ScrapBookシリーズ最新アプリ「x-ScrapBook online」(ソニスタ)

ソニースタイル・ジャパンが、写真を使って、オンライン上でデジタルフォトアルバムを簡単に作成できる「x-ScrapBook online」の提供を「体験空間」経由で開始。写真サイト「Flickr」に写真を公開し、「x-ScrapBook online」上でFlickr IDを入れるだけで、Flickr上の写真が自動的にデジタルフォトアルバムになるそうです。ソニー独自の技術「イベント振り分け機能」も搭載しており、日時をまたいだ場合でも、同イベントと判断された場合は、同じアルバムにまとめられるとか。また、デジタルフォトアルバムは、それぞれ固有のURLを保持しており、手軽にアルバムを共有できるそうです。

Flickr、使ってる人はよく見かけますが、自分いまだに使ったこと無いです。良い機会なので試してみようっと。ついでに、最近目にしたソニーのデジカメ関連ニュースを以下にまとめておきます(<手抜き)。

ソニーα350【第4回】フリスビードッグ撮影に挑戦
ソニーα350【第5回】ライブビューとホワイトバランス
6月号【南結衣 + ソニーα350】1週目~台風の中の撮影
【プロが選ぶデジカメ“ザ・ランキング”】低価格デジタル一眼レフ編、更新!
【高感度機能テスト~第1章】テストした注目の5機種を紹介-カメラまかせで撮影できる優秀なオートカメラ ソニー Cyber-shot DSC-W170
iconicon【実写速報】ソニー「サイバーショットDSC-W170」
【実写速報】ソニー「サイバーショットDSC-W300」
【実写速報】ソニー「サイバーショットDSC-W120」
【実写速報】ソニー「サイバーショットDSC-H10」
ソニー「Cyber-shot DSC-H50」、光学15倍の高倍率モデルを評価(前編)
ソニー「Cyber-shot DSC-H50」、光学15倍の高倍率モデルを評価(後編)

DSC-W170icon欲しいけどiPhone資金も作らないと…ってことであきらめモード。久々にサイバーショットH1を復活させて物欲を紛らわせてます。

続きを読む

プロが選ぶ低価格デジタル一眼レフランキング~α350とα200の評価やいかに

【プロが選ぶデジカメ“ザ・ランキング”】低価格デジタル一眼レフ編がスタート!

iconicon日経トレンディネット、「プロが選ぶデジカメ“ザ・ランキング」の低価格デジタル一眼レフ編が始まりました。ボディー単体の実売価格が9万円未満のモデルが対象で、ソニー製品からはα350iconα200iconがノミネートされています。星智徳氏の評価はα350が4位、α200が7位。吉村永氏はα350が2位、α200が9位。トータルでは、軽量・コンパクトなオリンパスE-520への評価が高い点にも注目したいところです。

ソニー「70-300mm F4.5-5.6 G SSM」

iconiconこちらはデジカメWatchの交換レンズ実写ギャラリー 。αファンにはすっかりお馴染み(?)吉住志穂さんが超人気のGレンズ「70-300mm F4.5-5.6 G SSM(SAL70300Gicon)」をレビュー。作例がとにかく素晴らしいです。これは、レンズがすごいのか、プロの腕なのか…。いや、そのどちらもすごいんでしょうね、きっと。

あと、デジカメWatchにはサイバーショットW300とW170の実写速報も掲載されています。(下の関連ニュースに見出しをリンクしました)

続きを読む

PMBが大幅アップデート~ネットワークサービスへの画像アップロード機能も

PMB(Picture Motion Browser) アップデートプログラム提供のご案内(PMBサポート)

ソニーが、αやサイバーショット、ハンディカムに付属する画像管理ソフト「Picture Motion Browser(PMB)」の最新版を公開しました。So-net PhotoやeyeVioへの画像アップロード機能やラベル・評価付け機能、動画解析機能(フィルムロール/ハイライト表示)の追加、マップビューのメール対応、ルート(軌跡)表示など、多岐にわたる大幅バージョンアップとなっています。対象製品はPMB Ver.1.1~3.0.04。初期のバージョンをお持ちの方も対象になりますね。グッジョブ!なお、アップデートプログラムの容量は約278MBと大きめとなっています。

そういえば、200台限定のα350のシルキーモデルが完売したみたいです。ゲットできた方、おめでとうございます!

続きを読む