タグ : α100

αが10,000円のプライスダウン~さらに7/31まではソニーポイント10,000beatのおまけ付き

昨日の午後からソニスタでのα100iconの販売価格が変更され、ボディ単体、並びに各種レンズキットがそれぞれ10,000円値下げされました。

iconicon・ボディ『DSLR-A100』:89,800円⇒79,800円
・ズームレンズキット『DSLR-A100K』:109,800円⇒99,800円
・Wズームレンズキット『DSLR-A100W』:129,800円⇒119,800円
・高倍率ズームレンズキット『DSLR-A100H』:129,800円⇒119,800円

いずれも税込・送料別で、落下や水没などが原因の故障でも無償修理する3年間保証サービス<ワイド>が標準で付属しています。7/31までは「New Camera Life Campaignicon」でソニーポイントが10,000beatもらえてさらにお得ですね。

iconicon

自分がα100を購入したときは本体が99,800円でSAL18200が56,000円ぐらいでしたから、相当お買い得かと。しかもスタメンならクーポンが使えるので最終的には「DSLR-A100H」が9万強で購入できることになりますね。ホントに安くなったなあ…。

また、αオフィシャルサイトでシンクロターミナルアダプター「FA-ST1AM」を7/20に発売するとのアナウンスが掲載されたほか、ソニーが28日に発表した人事機構改革でデジタルイメージング事業本部に、周辺機器ビジネス部門が新設されることが明らかになっています。

続きを読む

α100とサイバーショットW200で撮影された「見たことのないハワイ」

【写真展リアルタイムレポート】三好和義「楽園写真展 ハワイアンスピリッツ」~αとサイバーショットで撮った、見たことのないハワイ

iconicon日本橋三越本店新館7階ギャラリーで6/24まで開催される、カメラマンの三好和義氏の「楽園写真展 ハワイアンスピリッツ」のレポート。α「DSLR-A100icon」と、サイバーショット「DSC-W200icon」で撮影のすべてが行われたとか。αは10本以上の交換レンズを揃えて撮影したそうですが、そのようなレンズシステムのメリットを除けば、サイバーショットのほうが使い勝手はいいと三好さんは語ったそうです。また、サイバーショットではカメラを両手で構え、液晶モニターを両目で見ながら撮影。「4×5の大判カメラで撮る気分で、実に撮りやすい」とか。また、1,210万画素のパワーでα100とクオリティ的に遜色ないとのこと。

写真展はもちろん見に行きたいですが、ここまでサイバーショットW200が持ち上げられるとなんだか無性に欲しくなってきますね。つーか、その前にハワイに行きてーっ!

ソニーα、カメラグランプリ2007カメラ記者クラブ特別賞受賞記念スペシャルトークレポ

ソニー、カメラグランプリ特別賞受賞を記念したトークショウ ~写真家の桃井一至氏が語るαレンズの魅力

iconiconソニーがソニービルの「OPUS」で「カメラグランプリ2007カメラ記者クラブ特別賞受賞記念スペシャルトーク」を開催。イメージング事業部AMC事業部長の勝本徹氏の挨拶に続き、写真家の桃井一至氏のトークショウが行われ、α100とαレンズ群の魅力を紹介したそうです。トークではあのレンズ読本「α Lenses」についての話も出てきたようで、フランスのニースやモナコでの取材の苦労話なども聞くことができたとか。

そうそう、レンズ読本「α Lenses」の応募受付が先週末に始まっていますね。αユーザーの皆さんは応募をお忘れ無く!当たると良いなあ…。

ニースやモナコといえば、今からちょうど5年ほど前の今頃、スイスやフランスに遊びに行ってたっけ。あの時は本当に楽しかったなあ…って、写真を探したらありました。

monaco_2002.jpg

当時、持参したカメラはたしかサイバーショットのF55だったような。カメラはともかく、何を撮っても画になるんですよね。死ぬまでにもう一回ぐらい入ってみたいな、ニース…。

ソニーがαユーザーに抽選で非売品の豪華本「α Lenses」をプレゼント

ソニー、カメラGP特別賞記念でαレンズの豪華本プレゼント~桃井一至氏によるトークショウも開催(デジカメWatch)
「αLenses」プレゼントキャンペーン(ソニードライブ)

iconiconソニーは、デジタル一眼レフカメラα100が、“カメラグランプリ2007 カメラ記者クラブ特別賞”を受賞したことを記念してキャンペーンとイベントを実施。有名写真家によるαレンズの作例や、αシリーズのメカニズム解説、レンズの使いこなし方などが掲載された非売品の本「α Lenses」を抽選で2007名にプレゼントするほか、プロカメラマンの桃井一至氏がαレンズの魅力を語る「受賞記念スペシャルトークショウ」がイベントとして実施されるそうです。なお、「α Lenses」への応募資格は、α100の全モデルおよびαレンズを購入してカスタマー登録したユーザー。応募期間は6/15~7/31。8月に抽選、発送が行なわれるそうです。

レンズ読本のサンプルも公開されていますが、写真が良いですね~。6/15、αユーザーの皆さんは忘れずに応募ですよ!

続きを読む

α100がカメラグランプリ2007「カメラ記者クラブ特別賞」を受賞

ソニーのデジタル一眼レフカメラ“α100” カメラグランプリ2007「カメラ記者クラブ特別賞」を受賞(ソニードライブ)

iconiconソニーのデジタル一眼レフカメラ“α100”『DSLR-A100icon』が、カメラグランプリ2007「カメラ記者クラブ特別賞」を受賞したそうです。カメラグランプリは、写真・カメラ雑誌のメカニズム担当記者の集まりであるカメラ記者クラブが主催する権威ある賞で、「カメラ記者クラブ特別賞」は、大衆性、話題性、先進性に特に優れたと認められた製品に対して贈られるもの。主な受賞理由は、

・ソニーの参入が社会の関心をデジタル一眼レフ、デジタル写真へ向けることに
・αマウント交換レンズ等の各種資産を継承したことが大きな支持を得、06年のデジ一眼市場の活性化に多大な役割を果たした
・カメラ自体の性能も高く、写真ファン、デジタル一眼レフファンにとって魅力的な機能、性能を装備
・各種新型交換レンズの積極的な投入、プロトタイプの積極的な公表、電子部品の開発能力といったバックボーンを含め、一過性でないデジタル一眼レフにかける意気込みに期待

とのこと。何はともあれ、受賞おめでとうございます。夏の次世代機にも期待してます!

続きを読む

α用アクセサリーの新製品が続々登場

ソニー、シンクロアダプターなどα用アクセサリー3種

ソニーは、α用アクセサリーとして、α100にSAL18200iconを装着した状態で収納できる本革製ソフトキャリングケース「LCS-AMLC1」を6月に8,925円で、ストロボ用シンクロターミナルアダプター「FA-ST1AM」を7月に21,000円で、αレンズ専用フード13点を4/20に発売するそうです。

「LCS-AMA」もSAL18200を装着したままでも収納できますが、持ち運び、使い勝手ともに正直今ひとつだったんですよね。「LCS-AMLC1」はチャック式ではなく、プラ製のロックが採用されているようなのでカメラを取り出しやすくなるのかな。それと、本革製ということで質感も気になるところです。

タムロン、ソニー用「AF18-250mm」の発売日を決定
シグマ、ソニー用「18-50mm F2.8 EX DC Macro」など3本を19日に発売

αと言えば、タムロンとシグマからα用の交換レンズが発売されるようです。タムロンのはレンズは世界最大のズーム比13.9倍を実現した高倍率ズームレンズで35mm判換算で27~375mm相当(1.5倍換算)、または28.8~400mm相当(1.6倍換算)となるようです。SAL18200と競合しそうなインパクトのあるレンズですね。

続きを読む