カテゴリー : ICレコーダー

2014/04/23版ソニー関連トピック〜スペックではないところに音質がある

zx1_f880

開発陣を直撃! 最上級ウォークマンはこうして生まれた!!|DSD再生までも可能になった最強「ハイレゾウォークマン」活用術
ハイレゾオーディオを普及させていく上でウォークマンをどう位置付けるかについてNW-ZX1開発担当者にインタビュー。F88xとの違いについても言及。「ハイレゾは解像度の話で、音質はまた別な世界の話。スペックではないところに音質がある。そこに着目したモデルがZX1」とのこと。

ステレオICレコーダー ICD-PX440
約96時間のスタミナ録音が可能で、録音や再生に便利な機能と使いやすさを備えた簡単操作が特徴のICレコーダースタンダードモデルが新発売。スライド式USB端子で直接パソコンと接続可能。価格はオープンで、店頭予想価格は6,000円前後。

続きを読む

No tags for this post.

スピーカークレードル付属のポータブルラジオレコーダー 「ICZ-R100」

icz-r100

ポータブルラジオレコーダー『Rシリーズ』に携帯型の新機種を追加 胸ポケットに収納できるコンパクトな本体にAM/FMラジオ番組の予約録音機能を搭載 ~スピーカー再生、本体充電ができるスピーカークレードルを付属~

ラジオ番組の録音・再生やICレコーダー機能を備え、スピーカークレードルも付属するポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」の新機種「ICZ-R100」が2月8日に発売。内蔵メモリーは8GB。価格はオープンでソニーストアでの販売予定価格は19,950円

続きを読む

3分の充電で1時間録音できる 急速充電対応のICレコーダーと60分カセット89本分録音可能なメモカレコーダー

ic_rec_131003

厚さ10.5mmのスリムな本体にリチウムイオン電池を内蔵し、約3分の充電で約1時間録音できる 「急速充電」に対応 USBダイレクト接続ICレコーダー、『UXシリーズ』の新機種を発売 ~60分カセット約89本分が録音できる8GB・SDメモリーカード付属により、家族で共有できるメモリーカードレコーダー、『LXシリーズ』も同日発売~

現行機種比13mm減、厚さ約10.5mmのスリムな本体のICレコーダー「ICD-UX544F(内蔵8GB)」および「ICD-UX543F(内蔵4GB)」と、「録音」、「再生」、「検索」の基本機能が簡単に操作できる、8GBのSDメモリーカードを付属したメモリーカードレコーダー「ICD-LX31」が10/19発売とか。

続きを読む

No tags for this post.

DSD録音可能でハイレゾオーディオ再生にも対応したリニアPCMレコーダー「PCM-D100」

JP_Qnavi_Zoom

2.8MHz/1bitのDSDと192kHz/24bitのリニアPCMのハイレゾリューション・オーディオ対応により、原音に忠実な録音・再生を極限まで追求した、ポータブルリニアPCMレコーダー発売~新開発 大口径15mmの可動式ステレオマイクロホン内蔵で高感度、広帯域の録音が可能に~

ソニーが、2.8MHz/1bitのダイレクトストリームデジタル(以下、DSD)と、192kHz/24bitのリニアPCMのハイレゾリューション・オーディオ録音・再生に対応した32GBメモリー内蔵のポータブルリニアPCMレコーダー 「PCM-D100」を11/21に発売すると発表しました。価格はオープンで市場推定価格は100,000円前後。ソニーストアでの販売予定価格は99,800円

続きを読む

No tags for this post.

2013/05/17版ソニー関連トピック~ハイレゾ音源対応プレイヤーとしてのICレコーダー「ICD-SX1000」に興味津々

ICD-SX1000_bnr

ハイレゾ対応ICレコーダーは音楽再生機になりうるか? ソニー「ICD-SX1000」
iconicon96kHz/24bit対応ステレオICレコーダー「ICD-SX1000」のレビュー。「ステレオICレコーダーとして優れた性能を発揮してくれるだけではなく、ハイレゾ音源対応の携帯音楽プレーヤーとしても十分に利用可能」とのこと。こういうレビューを待っていたのだ!単純比較はできないけど、一桁違いでハイレゾ音源が楽しめるって結構インパクト大きいよね(>ハイレゾプレーヤーの完成形? 「AK120」を聴く デュアルDAC搭載で129,800円。AK100やR10と比較)。ま、ソニーの場合はウォークマンがそれを担わないといけないんだろうけど、個人的にはさりげなくその先を行こうとしているICレコに好感触。こうなりゃ買うしか無い?Amazon扱いも結構安いぞ…>CD-SX1000/B

新発売の「Xperia™ A」ご購入者を対象とした 『SmartWatch MN2』特別価格キャンペーンを実施
毎度お馴染みXperia新製品発売記念の『SmartWatch MN2』特別価格キャンペーン。「Xperia™ A SO-04E」購入者対象で特別価格6,980円にて提供。いや、だからXperiaオーナーには常に特別価格でいいじゃないの…。

続きを読む

No tags for this post.

2013/02/05版ソニー関連トピック~本日にてICD-SX1000モニター応募〆切

ICD-SX1000

ソニーの24bit/96kHz対応小型PCMレコーダの実力は? 3マイク内蔵「ICD-SX1000」。ハイレゾ音楽再生も
高域においてはベストといってもいいほどな一方、低域は弱めで物足りなく感じる人もいるかもしれないとか。ハイレゾ音源再生は、結構すごい音が飛び出してきて驚いた。S/Nもとてもよく、解像度の非常に高いサウンドを表現できる能力を持っており、低音もしっかりと出ておりかなり気持ちいい」とのこと。やっぱ、モニター応募してみようかな…。あ、ちなみにモニターの応募期間が本日の23:59まで延長されてます。応募し忘れてた人チャンスです。

光沢のあるガラス素材が究極に美しい「Xperia Z」 – 発売前に外観と料金を最終チェック!!
本体価格は77,280円。新規・機種変更の場合で月額1,995円、MNPで同3,675円の月々サポート適用とか。

Windows 8世代のスタンダードPCが見えてきた――「VAIO Tシリーズ15」実力診断
Ultrabookが目指すのは、必ずしもモバイルノートPCのみに限っておらず、「ユーザー数を考えれば、むしろVAIO Tシリーズ15のようなスタイルの製品こそが、Ultrabookのメインストリームといえるかもしれない」とのこと。そうは言っても、昔のTを知っているユーザーとしてはそこはかとない違和感が…。でZは?

気になる4Kインフレ、気になる新技術
CEに参加したメーカーの中でも高画質に対して最も積極的な姿勢を見せたのがソニーと本田さん。「X900Aシリーズ」は4K2Kという解像度以外にも2つの注目すべき長所、トリルミナス技術とダンパーレス磁性流体ドライバー採用の高音質スピーカーがあり、自社技術と他社が生産する汎用部品を組み合わせることで、独自の高品位テレビを開発する方向へと進んでいるとか。勉強になります。

続きを読む