カテゴリー : テレビ・ビデオレコーダー

2014/05/30版ソニー関連トピック〜平井社長の2年間は”失われた2年間”

【ソニー】平井一夫社長の“失われた2年間”と復活への厳しい道のり
PRESIDENT Online。平井氏就任1年目に最終黒字は次々と資産売却を繰り返した結果であり、2年目は業績見通しの下方修正を3度繰り返し最終損益が1283億円の赤字。ゆえに、平井氏が社長に就任してからの2年間は”失われた2年間”と言って良いとか。

有機ELからの撤退報道、「世界経済株式会社の日本君」は仕事を学んだのか?
ソニーとパナの有機EL撤退報道を受けたコラム。これまで次々と新しい技術に飛びついていた日本が、ハードからソフトへのシフトで立ち止まってしまい、低付加価値の新興国と価格で争う状況から、日本は製造業を重視していたつもりが、実際は軽視していたのかもしれないとのまとめ。

続きを読む

2014/05/29版ソニー関連トピック〜ソニー初、Q1対応Xperia Z2用カバーと充電器

z2qi

Xperia Z2を置くだけ充電に対応させちゃうワイヤレス充電器と対応ケースが発表
Xperia Z2用のQi(ワイヤレス充電)対応カバー「WCR12」とQi対応ワイヤレス充電器の「WCH10」が海外先行発表。イギリスの通販サイトではすでに販売されており、カバーが約10,000円、充電器が約8,000円とのこと。

ソニーさん、テレビを売るにはまずスマホ
中国一般家庭でのテレビ購入動向を紹介。スマホの絶大な人気がSamsungのブランドステイタスを向上させ同社のテレビ普及に一役買ってるみたいなお話し。ソニーがテレビを売る前にスマホビジネスを強化しろとのことですが、消費者のソニーに対する印象を払拭するにはすでに手遅れのような気も…。

続きを読む

2014/05/27版ソニー関連トピック〜ハード販売後の収益機会獲得のためネット配信事業を成長の牽引役に

psn

ソニー平井社長「配信事業が成長をけん引」
ゲーム事業を拡大へ、スマホ・テレビは台数追わず=ソニー社長
平井氏がPS4やXperiaなどを通じてネットワーク経由のコンテンツ配信事業を成長の牽引役にする考えを発表。ハード販売後に収益機会が狙えるビジネスモデルを追求する姿勢。エレキ事業については「売り上げ拡大を前提に計画をつくることはしない」と指摘。VAIO撤退を機に母艦ハードは捨てて、クラウド経由の機器連携に舵を切る形か…。

ソニー、プレイステーションの中国再進出を正式発表
プレステの製造販売を行なう合弁会社2社の中国設立と中国におけるプレステプラットフォームの販売を再開する方針も正式発表。PS4を筆頭にした最新ハードが対象となるのは確実視されているとか。

続きを読む

2014/05/26版ソニー関連トピック〜ソニーとパナが有機EL事業から撤退?JDIと新会社設立へ

ソニーとパナ、有機EL事業売却へ コスト減難航
有機EL、スマホ・タブレット向けで日の丸連合 ソニー、パナソニックなどが新会社
ソニーとパナソニックが有機EL事業から撤退する方針を固めたと朝日新聞が報道。両社は産業革新機構が出資するジャパンディスプレイにそれぞれの有機EL事業を売却する方向で調整中で6月中にも基本合意する見通しとか。日経は3社で中小型パネル開発の新会社設立との報道。いすれにしてもテレビ用は終わりということか…。

平井ソニーが挑む「最後の構造改革」の本気度
本田雅一さんは、平井氏が一貫して主張してきたエレキ復活への取り組みにブレがなかった点に注目。「厳しい環境であっても、常に新しい価値創造に挑む」姿勢を評価しつつ、次はいよいよその成果が厳しく問われるとの締め。

大赤字ソニー 早くもささやかれ始めた「次期社長」の名前
ソニー内外ですでに次期社長の名前がささやかれているとか。その人の名は吉田憲一郎CFO。VAIOをバッサリ切った人です。大河原克行氏曰く「子会社が長かったからか、居直ったのか、経営会議でもバンバン言いたいことを言う」人らしい。

パナとソニーの明暗を分けた、「就任1年目」 多額の資産売却益がソニーを狂わせた
デジタルイメージング、ゲーム、モバイルのコア3事業について、「利益未達については、売り上げ増加に解を求めたことが、最大の反省材料。計画に詰めの甘さがあった」とはっきり釈明する吉田CFOのコメントに注目。

ソニー、中国でプレステ製造・販売 上海企業と合弁設立
ソニーが中国上海市の政府系企業、上海東方明珠集団と合弁会社2社を設立し、現地でPSを製造販売することで合意したと日経が報じてます。

続きを読む

2014/05/13版ソニー関連トピック〜有機ELテレビ開発凍結へ

ソニー、有機ELテレビの開発凍結 4Kに経営資源集中
有機ELテレビの商品化に向けた開発を当面凍結。2013年末にパナとの共同開発を解消し、独自で家庭向けの開発を進めていたものの、当面需要が本格的に立ち上がらないと判断。当面凍結と言ってるけどここまで来たらもうダメかな。手持ちのXEL-1が貴重な歴史的プロダクトになるのは間違いない?【追記】AV Watchによるとソニーは開発凍結を否定しているとか>ソニー「有機ELテレビ開発凍結」を否定。業務用や研究開発は継続

役員賞与返上を継続 ソニー、電機部門の黒字化果たせず
電機部門に携わる役員と主な子会社社長ら約40人が賞与を全て返上する方針とか。一方で本社正社員の賞与は昨年より多い3.85カ月分(平均151万強)とか。俺なんて賞与15年連続もらってないぞ…。

続きを読む

No tags for this post.

2014/05/07版ソニー関連トピック〜CMT-X7CDは2010年代生まれのラジカセ

multi_connect_1

現代のラジカセ、ソニー「CMT-X7CD」はスピーカーの決定版
CDプレイヤー内蔵のマルチコネクトスピーカー「CMT-X7CD」のレビュー。四本さんは同機を「2010年代に生まれたラジカセ」と表現。BOSE「Wave SoundTouch music system」が現状では唯一のコンペチターながら、CMT-X7CDがコスパと機能で優っていると思うとのこと。

「磁気テープ」なぜか復権 ソニー、富士フイルムが技術磨く
「2010年代に生まれたラジカセ」にカセットレコーダーは搭載されてませんが、最近になって磁気テープ復権の動きが出てきたとの報道。ハードディスクと異なり、ランニングコストが安いほか、ネットワーク不要で保存できるためセキュリティー面で安心といった利点があるとか。

ウエアラブル競争幕開け ソニー、生活を「見える化」
日経産業新聞。欧州で発売中のスマートバンド「SWR10」を引き合いに、巷で話題のウェアラブル関連機器の最新動向を解説。

続きを読む