カテゴリー : VAIO

2014/02/13版ソニー関連トピック~ウォークマンを逆さに持った人がアップルを語る

ジョブズに教え、競い、そして学んだソニー
林信行さんの『スティーブジョブズは何を遺したのか』からの引用。ソニーとアップルの運命が交差した瞬間があったとして、ソニー元社長の安藤国威氏へのインタビューを通じて、当時のアップルというかジョブズ氏とソニーの関係を浮き彫りにしています。ジョブズ氏のソニースタイルへの並々ならぬ関心と、そこからのアップルストアへの展開は初耳でした。確かに当時のソニスタは素晴らしかった。今のストアはもう…(自粛)。

新興勢力のファブレット! Xperia Z Ultraは予想以上の出来で“買い”だ
辛口のあの方が珍しくべた褒め。確かに出来は素晴らしいと思います。自分も出先ではiPhoneのテザリングで便利に使わせてもらってます。

Xperia Z2来ちゃう? ソニーモバイル、MWC2014で新型Xperiaを発表か?
2/24、SOMCがMWC2014にてプレスイベントを開催予定。Xperiaの次期フラグシップ「Z2」や「E2」、タブレットの新型などが発表されるとの噂。

XPサポートと“ソニーのVAIO”の終了がほぼ同時にやってくることで危惧すべきこと
危惧すべきは、Windows XPのサポート終了によって、消費者がもうパソコンはいらないという判断をくだし、スマートフォンやタブレットで代替するようになってしまうこと。XP終了まで8週間だそうです。あっという間ですね…。

Dellは好調、ソニーは苦戦――明暗分けた2013年国内PC市場
2013年の国内クライアントPC市場の出荷台数は、家庭市場が586万台(前年比22.3%減)、ビジネス市場は976万台(同比21.4%増)。家庭市場の落ち込みが尋常ではありません。それゆえ、家庭市場向け出荷比率の高いソニーが大苦戦を強いられたと。

続きを読む

2014/02/12版ソニー関連トピック~プロオーディオにおけるレコーダー事業の立ち位置を失ってしまったソニー

diips

「ニコ玉」から「ニコ生」へ閃きの承継 “向谷クオリティ”がもたらす人という財産
元カシオペアの向谷さんが「技術進歩の流れの中で、何度か転換のチャンスがあったと思われるSONYは、プロオーディオにおけるレコーダー事業の立ち位置を失ってしまった」とつぶやいている。ニュアンスはちょっと違うけど、一昔前、アキバのMIDI関連ショップに行くと、ラック(ハーフもあった)マウントタイプのエフェクターとかが結構な存在感を持って販売されていたものだ。今や見る影も無し…。最近のサンレコとか見てもソニーの名前を見ることはほとんど無いもんなあ…。

MIDEMレポート(2) - 音楽制作者に“ハイレゾ”の魅力をアピールしたソニー
50年近い歴史をもつ国際音楽産業見本市「MIDEM」にソニーがエレクトロニクスメーカーとして初めて参加、ハイレゾオーディオの優位性をアピールしたとか。ソニーがやるべきはプロまたはプロシューマー向けのオーディオだったのではなかったのか…。

続きを読む

これまでのソニー、これからのソニー~決算・PC撤退発表後の反応

2013_3q

先日の決算発表とPC撤退を受けた反応が多数あったのでまとめてクリッピング。

VAIOはなぜ存在感をなくしていったのか?──ソニーPC事業売却【前編】
残されたのは“レッツノートが歩んだ道”?──ソニーPC事業売却【後編】

大河原克行さんがソニーのPC事業の低迷理由を分析。新興国へのフォーカスが「事業開始以来、高付加価値を軸としていたPC事業を低価格路線に踏み出させる」ことになり、その新興国市場の需要が急減速して追い打ちに。「グローバル市場での生き残りを賭けて、数を追ったことが裏目に出たといわざるを得ない」とのこと。米国での存在感の無さも浮き彫りに。

ソニーから学ぶ 事業撤退の「引き際」

MP&C事業のポイントは、「PC」という成熟期~衰退期の産業と、「スマートフォン」という成長期の産業とが混在していること。「従来に比べて「高く売ることも、たくさん売ることも、安く作ることも難しい」。これがソニーのPC事業の現状。VAIOというブランドイメージが十分に威容を保っている今のうちに、売却・撤退を考えるという判断は、“英断”とも言える」とか。

ソニーから分離で「VAIO」の魂は失われてしまうのか

本田雅一さんのクロスオーバーデジタル。「VAIOが好調でブランドを伸ばした時代には、“ちょいといい感じ”が受け入れられていた」「が現在、そうした市場はAppleが引き継いでいる」、「VAIOが目指していたコンセプトをAppleがキャッチアップし、独自に磨き込んだ」といった記述に注目。

「投機的」へ格下げ、ソニーがぶつかった壁 話題の新製品はあるが、屋台骨がない

こちらも本田さん。「ハイレゾオーディオ戦略は、ハワード・ストリンガー会長・中鉢良治社長体制下で2年も塩漬けにされていた企画を平井社長が拾い上げたもの」なのだそうです。昔から企画自体はあったということの裏返しなのだろうが、最近の決算報告ではオーディオビジネスについて、ほとんど触れられることが無いんだよね。それほど微々たる数字なのでしょう。

VAIO事業売却で急展開、ソニーのモバイル戦略のこれから

「新会社は、VAIOから失われていくソニーブランドを独自の方法で補完するのと同時に、ソニー並みのサービスを期待するユーザーの要求にも応えなければならないという、困難な状況に置かれる」との分析に注目。また、「PCという製品カテゴリを失ったことが、ソニーにどのような影響を及ぼすか」という点には同様に注視していきたいです。

続きを読む

No tags for this post.

さよならソニーのVAIO~2014年春モデルを最後にソニーのPC事業は収束へ

vaio_14spr

PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について

ソニーと日本産業パートナーズ(以下JIP)は、ソニーのVAIOブランドPC事業を、ソニーからJIPに譲渡すること(以下本件)に関する意向確認書を締結したと発表。今後両社は当該PC事業の精査および更なる協議を経て3月末までに正式契約を締結することを目指すとか。

続きを読む

No tags for this post.

ソニーがPC事業を日本産業パートナーズに売却譲渡か~VAIOブランドは国内は維持も海外は撤退も検討

sony_jpi

ソニー、「VAIO」事業売却で投資ファンドと交渉=関係筋

ソニーがパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却する方向で交渉に入ったとロイターを始めとする大手メディアが報じています。投資ファンドが新会社を設立する方向。

関係筋によると、パソコン事業の譲渡を軸に交渉しており、新会社への出資比率や金額は協議中。VAIOブランドが浸透している国内では事業を継続するも、海外は撤退を含めて検討するとか。

2014年2月4日、5日付の一部報道内容に関して

当のソニーは一連の報道に対し、「当社の発表によるものではありません。これまでお知らせしている通り、当社はPC事業についてさまざまな選択肢を検討していますが、これ以上のコメントは差し控えます」との声明を発表しています。

続きを読む

No tags for this post.

ソニーがレノボと海外パソコン事業で提携とNHK報道~ソニーは否定

sony_lenovo

ソニー パソコン事業でレノボと提携交渉

NHKはソニーがパソコン事業についてレノボ・グループと海外事業を手がける新たな合弁会社を設立する方向で交渉に入るなど、事業の抜本的な見直しを検討していることがわかったと報道。

2014年2月1日付の一部報道内容に関して

これに対し、ソニーは「PC事業についてさまざまな選択肢を検討していますが、PC事業に関する当社とレノボ・グループの提携に関する報道は事実ではありません」と否定しています。

続きを読む

No tags for this post.