カテゴリー : コンピュータ

2014/05/30版ソニー関連トピック〜平井社長の2年間は”失われた2年間”

【ソニー】平井一夫社長の“失われた2年間”と復活への厳しい道のり
PRESIDENT Online。平井氏就任1年目に最終黒字は次々と資産売却を繰り返した結果であり、2年目は業績見通しの下方修正を3度繰り返し最終損益が1283億円の赤字。ゆえに、平井氏が社長に就任してからの2年間は”失われた2年間”と言って良いとか。

有機ELからの撤退報道、「世界経済株式会社の日本君」は仕事を学んだのか?
ソニーとパナの有機EL撤退報道を受けたコラム。これまで次々と新しい技術に飛びついていた日本が、ハードからソフトへのシフトで立ち止まってしまい、低付加価値の新興国と価格で争う状況から、日本は製造業を重視していたつもりが、実際は軽視していたのかもしれないとのまとめ。

続きを読む

ミヤビックス、卓上ホルダも使えるXperia Z2 Tablet用PUレザーケースを発売

m_z2tab_pulc_6

PUレザーケース for Xperia (TM) Z2 Tablet 卓上ホルダ対応(ブラック)

ミヤビックスは、SOMC製Xperia Z2 Tablet専用で、ケースに装着したままで卓上ホルダが使用できるPUレザーケースの発売を開始しました。対応機種は、NTTドコモ「SO-05F」、au「SOT21」、ソニー「SGP511、SGP512、SGP521」。価格は4,580円。ビザビでは早速出荷開始。

続きを読む

2014/05/29版ソニー関連トピック〜ソニー初、Q1対応Xperia Z2用カバーと充電器

z2qi

Xperia Z2を置くだけ充電に対応させちゃうワイヤレス充電器と対応ケースが発表
Xperia Z2用のQi(ワイヤレス充電)対応カバー「WCR12」とQi対応ワイヤレス充電器の「WCH10」が海外先行発表。イギリスの通販サイトではすでに販売されており、カバーが約10,000円、充電器が約8,000円とのこと。

ソニーさん、テレビを売るにはまずスマホ
中国一般家庭でのテレビ購入動向を紹介。スマホの絶大な人気がSamsungのブランドステイタスを向上させ同社のテレビ普及に一役買ってるみたいなお話し。ソニーがテレビを売る前にスマホビジネスを強化しろとのことですが、消費者のソニーに対する印象を払拭するにはすでに手遅れのような気も…。

続きを読む

SOMC、ドコモ向けにXperia Z2、Xperia A2、Xperia Z2 Tabletを国内導入

z2a2z2tab

ソニーモバイル、国内市場向けにXperia™ Z2およびXperia™ A2を導入
世界最薄・最軽量ディスプレイ、オーディオなどの最新技術を搭載した『Xperia™ Z2 Tablet SO-05F』を発売

ソニーモバイル(SOMC)がXperia Z2とXperia A2を5月下旬以降国内市場に導入すると発表。前者はNTTドコモより商品名「Xperia Z2 SO-03F」として2014年5月21日に発売予定で、後者は商品名「Xperia A2 SO-04F」として2014年6月中旬発売予定。また、Xperia Z2 TabletのNTTドコモ向けモデル「Xperia Z2 Tablet SO-05F(LTE/3Gモデル)」も6月下旬発売予定。その他、au向け同様、周辺機器も諸々発売される模様。

続きを読む

2014/05/09版ソニー関連トピック〜海外の電子書籍事業から完全撤退

readerstore_cam1405

ソニー、海外の電子書籍から完全撤退 楽天系が継承
英国など4カ国でReader Storeがクローズ――Koboが受け皿に
ソニーが英国、ドイツ、オーストリア、計4カ国で展開する電子書籍配信事業から撤退。4月中旬に各国のReader Storeが閉鎖され、北米同様Koboが利用者や購入済みの書籍を受け継ぐことに。これにより、ソニーは海外の電子書籍ビジネスから完全に撤退することになるそう。日本の利用者への不安を払拭する意味もあるのか、いきなりのモニタープレゼントキャンペーン実施。Xperia Z Ultra Wi-Fi版「SGP412JP/B・W」と電子書籍リーダー「PRS-T3S」が各10名だそう。にしても予告している機能がなかなか実現しないねえ…。

家電業界の2014年度を読み解く・その1 – VAIO売却、テレビ事業分社化でソニーはどこへ向かうのか? (1) ゴールデンウィークに飛び交ったソニーのドタバタニュース劇
GW中に経営関連で3つのニュースリリースを発表したソニーに大河原克行さんがツッコミ。「ソニーのドタバタ感を物語っていると言わざるを得ない。連結業績の下方修正はもとより、PC事業売却についても、当初はもう少し前倒しで進捗しているはずだったものが、この時期の正式締結となっている。そして、不正ログインによるポイントの不正交換使用は、まさに脇の甘さを突かれた格好」「スパイダーマンに助けてもらうのは、2014年度をそろそろ最後にしなければ、もはやソニーはエレクトロニクス企業とはいえなくなるのではないか」との厳しいコメント。

続きを読む

No tags for this post.

VAIOを作る新会社の名前はVAIOに〜7/1に社員約240名でスタート

ソニーのVAIOビジネス譲渡が法的に成立し、新会社の概要と社名が正式決定した模様。

PC事業の譲渡に関する正式契約の締結について

ソニーと日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営を行う日本産業第四号投資事業有限責任組合が出資する予定の特別目的会社が、ソニーがVAIOブランドを付して運営するPC事業のソニーから当該特別目的会社への譲渡に関し正式契約を締結。

続きを読む

No tags for this post.