カテゴリー : PS4

2014/02/21版ソニー関連トピック~ポケットに入るHD画質のプロジェクターモジュールにFelica内蔵microSDカード

picopro

高精細なHD解像度でフォーカスフリーの映像投影が可能なピコプロジェクターモジュールを開発
ソニーがレーザー走査方式を採用した独自開発の映像処理システムにより、HD解像度で投影面との距離や角度に関わらず焦点が合うピコプロジェクターモジュールを開発。Wi-Fi部品やバッテリーなどと組み合わせることで、スマートフォンやタブレットなどの映像を、手軽に壁や机などの平面や曲面に、高解像度でフォーカスフリーで投影して楽しめる小型プロジェクターの実現が可能になるとか。

ソニー、全スマホに「フェリカ」 海外巻き返しへ(有料会員向け)
Felicaの海外での利用を増やすため、オランダのセキュリティー技術開発会社と提携し、スマホに差し込んで利用可能なFelicaチップ内蔵のmicroSDカードを開発するとか。カードストッとの無いiPhone向けにはカードが挿入できる専用ケースを開発。ケースとiPhoneは近距離無線通信(おそらくBluetooth)でつながるそう。

続きを読む

2014/02/20版ソニー関連トピック~ソニー最後のVAIOはFit 3機種で3/8発売

vaiofit_last

2014年春モデル 発売機種のご案内
ソニーが、2014年VAIO春モデルとして、OSがWindows 8.1になった、13.3型「VAIO Fit 13A」、14型「VAIO Fit 14A」、15.5型「VAIO Fit 15A」の3製品を追加。いずれも3/8発売。これをもってソニーのVAIOは最後に。

あの頃、ソニー「VAIO」が一番カッコよかった!
旅立つVAIOに心を込めて – ソニー「VAIO PCG-505」(完動品/動作写真あり)
505の回顧ネタしばらく続くんだろうなあ…。自分は505が盛り上がっている頃、バリバリのMacユーザーだったので言うほど興味は無かったなあ。Macユーザーの立場であのサイズ感のPowerBookは欲しかったけど。QRは全く惹かれなかった。ま、iBookもひどかったけど…。

ソニー、VAIO売却は必然?メーカーに“不利な”パソコン業界の“魅力”を分析
ただの一般論のような。タイトルの?の意味がわからん。

続きを読む

No tags for this post.

SCEJA、PS4と連携するiOS/Androidアプリ「PlayStation App」を無料配信

psapp

2月22日発売まであと8日! PlayStation®4の世界をスマートフォンやタブレットに拡げる 『PlayStation®App』配信開始 2万円が22名様に当たる記念キャンペーンを同時開催!

SCEJAが、2月22日(土)のPS4発売に先立り、プレイステーション公式アプリ「PlayStation App」を2月14日(金)から日本国内で配信を開始しました。これを記念して「PSNチケット」2万円分が22名様に当たるキャンペーンを2月28日まで開催。

「PlayStation App」は、PS4との連携、PS Storeでのコンテンツ購入、PSNSMの機能を使ったフレンドとのメッセージ交換など、いつでもどこでも手軽にプレステの世界を楽しめるアプリでiOS版とAndroid版が用意されいずれも無料で提供されています。

続きを読む

2014/02/05版ソニー関連トピック~50年分のオンガクをたった一人にあげて何がどう変わるのか…

hpcam_140205

好みの音を選んで当てよう!! 半世紀分のオンガク無料。「ソニーヘッドホン LOVE MUSIC キャンペーン」
The Headphones Parkで50年分のオンガク(475万円分相当の賞品券)がたった一人に当たるキャンペーン…ってどんなキャンペーンだよ。こんなことやってる場合かね…。

ワンセグTV音声/FM/AMラジオ「XDR-63TV」 ご愛用のお客様へ無償修理のお知らせ
ワンセグTV音声/FM/AMラジオ「XDR-63TV」の一部の製品で電源スイッチ内部の部品が原因で電源が入らないなどの症状が発生する場合があることが判明。対象製品使用者で当該電源スイッチが原因で下記症状が発生している場合には無償で修理するそうです。対象番号は100001~147470。

「VAIO信仰」見誤ったソニー PC再編、最終章へ
Zをラインナップから外さなければ随分と印象が違ったような気がするのは自分だけ…?

続きを読む

2014/02/03版ソニー関連トピック~カジュアルなのは価格だけのウォークマンF

ウォークマン「NW-F885」を使って分かった“ハイレゾ対応プレーヤー購入時のポイント”
ハイレゾ対応のウォークマンFシリーズ中心のメニュー。フラッグシップのZX1と比較した場合でも、使い勝手自体はほとんど変わらず、最も明確に「カジュアル」な点は価格のみ。ハイレゾオーディオを再生すれば、とても「カジュアル」という枠組みには収まらないレベルの、十分に満足の行く音質を提供してくれるとか。課題は容量面とのことですが、次の新製品で解決しちゃうのでしょうね。

【第74回】「人気声優×人気ヘッドホン」総当たりテスト! 帰ってきた好評(?)企画、今年はヘッドホン編
女性声優の歌とヘッドホン各モデルの相性を総当たりチェックする企画。ヘッドホンは2パターン各2モデルの計4モデルがセレクトされており、ソニー製ではオンイヤー型の代表で「MDR-10RC」が採り上げられています。

続きを読む

No tags for this post.

2014/01/14版ソニー関連トピック~音に連動するライトシンク機能付きNFC対応Bluetooth搭載CDラジオが登場

zsrs70bt

ソニー、低音に連動して光るBluetooth対応CDラジオ 短波の「ラジオNIKKEI」対応ホームラジオも
NFC対応のBluetooth搭載CDラジオ「ZS-RS70BT」(予想価格15,000円前後)と、短波放送「ラジオNIKKEI」の受信に対応したホームラジオ「ICF-M780N」(予想価格10,000円前後)がでるそうです。CDだけじゃなくてUSBメモリなどにも対応するんですね。手軽にFMやCDが楽しめそうなのがよさげ。1台あると便利かも。買ってみようかなあ…。

ハイレゾ&スマホ共存のウォークマンが上位を独占――ビックカメラに聞く
ビックロ ビックカメラ新宿東口店では、ソニーのウォークマンが全体的に好調だそう。また、「ハイレゾが大きなトレンドになりつつあるのは確かで」「一般の方からも『ハイレゾって何?』とよく質問をいただきますし、試聴コーナーも人気」と店員がコメント。

ソニーがスマートウェア『Core』に挑む本当の理由:CES2014
スマートウェア、スマートフォン戦略を語るソニーモバイル黒住氏
まあ、やりたいことができるようになってきたと言ってもほとんどがいつもの後出しじゃんけん。ハイレゾにしても何にしてもやることが1年以上遅いのが今のソニー。

続きを読む