カテゴリー : ゲーム機

2014/03/04版ソニー関連トピック~ソニーの「モノづくり」が復活しないと思う人は5割

140304q1

大赤字予想で1人負けのソニーは復活できるか? 「PS4好調」が物語る凋落と復活のケーススタディ
PS4をして「久しぶりに、ソニーがワクワク感を味わえる製品をつくってくれた」と評していた知人のコメントが紹介されてます。皆さん言うことが似たり寄ったり…。ちなみに、最後のページに「ソニーの「モノづくり」は復活すると思う?」という設問があるのですが、本日19時現時では半数近くが「思わない」と回答してます。撤退に次ぐ撤退で作るモノ自体が減っているもんなあ…。数年後にはOne Sonyが別の意味になってしまいそうな予感…。

ソニー、スマホで強気の真っ向勝負は“果敢”か“自爆”か 頭打ち市場で「ウォークマン」再び
Xperia Z2をして「斬新ではないが、久しぶりにソニーらしい商品」とのたまった関係者がいるようですが、それを斬新じゃないこととソニーらしさは相反しないんでせうか。

ソニーの“ファブレット”「Xperia Z Ultra」は電子書籍ユーザーに最適
確かに電子書籍端末としてはPRS-G1より使いやすいかも。ただ、ファブレットって呼び名はなんかキライ…。

続きを読む

2014/03/03版ソニー関連トピック~ブラビアX9000A、DSC-RX10、VAIO Tap 11がIFデザインアワード最優秀賞を受賞

ifa2014_gold

ブラビア『X9000Aシリーズ』、サイバーショット『DSC-RX10』、VAIO® Tap 11が 国際的なデザイン賞「iFデザインアワード」の最優秀賞「iFゴールドアワード」を受賞
タイトルのまんまですが、2014年iFデザインアワード最優秀賞のiFゴールドアワードをブラビアX9000Aシリーズ、サイバーショットDSC-RX10、VAIO Tap 11が受賞したそう。他にも、Xperia Z Ultra、HDR-MV1、NW-ZX1などを含む23の製品がiFプロダクトデザインアワード2014を受賞したとか。

ソニーモバイル・ラウンドテーブルレポート~OSの選択は柔軟に考えているが、今はAndroidに集中する時
「Xperia Z2は難しかった」、ソニーモバイル黒住氏が語るその狙い
MWC 2014 – ソニーモバイル黒住氏に聞く新型スマホ「Xperia Z2」の魅力とは? VAIO事業売却についてのコメントも
「Xperia Z2」のディスプレイ性能/ハイレゾ仕様をソニーモバイル黒住氏が語る
【MWC2014】 Xperia Z2、開発者が語る「変える強み」と「変えない強み」
MWC開催中のSOMC黒住氏のラウンドテーブルレポートが各所に。ソニー本体との連携はともかく、SCEとの連携は考えていないのだろうか。Xperia Playの仕切り直し版はVitaとAndroidデュアルOSとかどう?VAIOが無くなるからこそできることも出てきそう…。

続きを読む

2014/02/26版ソニー関連トピック~新製品なのにソニー製VAIOの最終モデルになる「VAIO Fit 11A」

vaiofit11a

ソニー「VAIO Fit 11A」~ソニー最後のVAIOとなる2-in-1モバイルノートPC
2014年春モデルで初登場となった「VAIO Fit 11A」がソニーのVAIOとして厳密には最後の新製品になるのですね。評価的には「第4世代Core搭載Ultrabookに比べるとCPU性能は低いが、一般的な利用には十分なパフォーマンスであり、1台でさまざまな用途に対応できるため、学生が初めて買うPCとしてもお勧め」とか。さておき、これで終わりのソニーのVAIO。駆け込み需要もあるようですが、あえて買わないという選択肢も当然アリ。VAIOが無くなるならWindowsを使い続ける理由も無し。良い機会だからノートもMacに戻すか…。

PS4国内販売、2日間で32万台 PS3を上回る
ファミ通発表によると、PS4の国内販売が2/22からの2日間で322,000台だったと発表。PS3発売後2日間の3.6倍に。2014年3月期中の600万台も視野に。

消えた神通力 任天堂が選んだイバラの道
任天堂前社長山内溥氏の社葬に久多良木さんが出席。「犬猿の仲の任天堂とソニーが和解した。次はビジネスで握手するのではないか」と、任天堂とソニーの提携の噂も飛び出しているそう。

意外に知らないスマホOSの起源、iOS vs アンドロイド スマホOSの歴史(前編)(有料会員向け)
MagicCap OSで動くソニー「MagicLink」の雄姿が拝めます。Palm OSはスルーですか?

続きを読む

2014/02/24版ソニー関連トピック~ソニーの使命は終わった、世界初を目指さぬソニーに存在価値無し

PS4はソニーの救世主となるか!? VAIOブランドとの決別・テレビ事業分社化の未来
2000万台普及すれば、ゲームソフトメーカーがPS4専用ゲーム開発を真剣に考えるようになり、これがPS4の独自性を伸ばし、そのゲームをプレーしたい人が購入してさらに台数が増えるといった「正のスパイラル」が起きるはずとの記述。

PS4ファーストインプレッション~セットアップからSSHDの載せ換えなどを試してみました~
DLNA、nasneへの対応など「PS3でできていたことがPS4でできない」ということが多い気がするとか。気がするて…。もっと言い切れば良いのに…。

元副会長、ウォークマンの産みの親ほか かつての幹部が実名告白 あぁ、「僕らのソニー」が死んでいく
元ソニー幹部とは伊庭保氏、大曽根幸三氏、辻野晃一郎氏、平松庚三氏らのことで彼らが口を揃えるのが「出井伸之氏が社長に就任して以降、社内の雰囲気が一変した」ということとか。また、SCEの元幹部の「当時のソニーは一つの有機体だったんです。目標は『世界一』ですらなかった。世界一は所詮、競争相手に勝つだけの話です。私たちは『世界で初めて』のものをつくろうとしていた。『世界初』を目指さない今のソニーに何の存在価値があるのでしょうか」、辻野氏の「ソニーの使命は終わったと思いますね」とのコメントには大注目。

「資産売却」が本業?ソニー決算の異常事態 益出しの影響を除けば、今期業績は前期より改善
最近ソニーネタがメチャメチャ多い東洋経済オンライン。「ソニーの不幸は歴代の経営トップがいずれも『勇退』し、経営責任を取っていないこと。無責任体制が今の苦境につながっている」との元幹部コメントをとりあげてます。

苛立つサードポイント、ソニーへの圧力強化 投資ファンドにせまられる、ソニーの事業再編
ソニーには小粒ながら有力な事業も多く、今後それらが売られる可能性が高いためファンドからの注目も高まっているとか。そうした状況をソニー・オン・セールと呼んでます。

続きを読む

2014/02/21版ソニー関連トピック~ポケットに入るHD画質のプロジェクターモジュールにFelica内蔵microSDカード

picopro

高精細なHD解像度でフォーカスフリーの映像投影が可能なピコプロジェクターモジュールを開発
ソニーがレーザー走査方式を採用した独自開発の映像処理システムにより、HD解像度で投影面との距離や角度に関わらず焦点が合うピコプロジェクターモジュールを開発。Wi-Fi部品やバッテリーなどと組み合わせることで、スマートフォンやタブレットなどの映像を、手軽に壁や机などの平面や曲面に、高解像度でフォーカスフリーで投影して楽しめる小型プロジェクターの実現が可能になるとか。

ソニー、全スマホに「フェリカ」 海外巻き返しへ(有料会員向け)
Felicaの海外での利用を増やすため、オランダのセキュリティー技術開発会社と提携し、スマホに差し込んで利用可能なFelicaチップ内蔵のmicroSDカードを開発するとか。カードストッとの無いiPhone向けにはカードが挿入できる専用ケースを開発。ケースとiPhoneは近距離無線通信(おそらくBluetooth)でつながるそう。

続きを読む

2014/02/20版ソニー関連トピック~ソニー最後のVAIOはFit 3機種で3/8発売

vaiofit_last

2014年春モデル 発売機種のご案内
ソニーが、2014年VAIO春モデルとして、OSがWindows 8.1になった、13.3型「VAIO Fit 13A」、14型「VAIO Fit 14A」、15.5型「VAIO Fit 15A」の3製品を追加。いずれも3/8発売。これをもってソニーのVAIOは最後に。

あの頃、ソニー「VAIO」が一番カッコよかった!
旅立つVAIOに心を込めて – ソニー「VAIO PCG-505」(完動品/動作写真あり)
505の回顧ネタしばらく続くんだろうなあ…。自分は505が盛り上がっている頃、バリバリのMacユーザーだったので言うほど興味は無かったなあ。Macユーザーの立場であのサイズ感のPowerBookは欲しかったけど。QRは全く惹かれなかった。ま、iBookもひどかったけど…。

ソニー、VAIO売却は必然?メーカーに“不利な”パソコン業界の“魅力”を分析
ただの一般論のような。タイトルの?の意味がわからん。

続きを読む

No tags for this post.