ソニー、2013年度連結業績を1300億円の赤字に下方修正

2013年度 見通し修正 連結業績見通し修正のお知らせ

ソニーは、2014年2月6日に発表した2013年度(2013年4月1日から2014年3月31日まで)の連結業績見通しを修正。2月時点の見通しでは1100億円の赤字でしたが、本日時点で1300億円の赤字に修正されています。

2013年度にPC事業収束に関する費用約300億円の追加計上が見込まれることと、主に海外におけるディスク製造事業において、約250億円の減損の計上が見込まれることが主要因。

なお、PC事業の収束にともない2013年度に発生する費用が増加する一方、2014年度に発生する費用は減少すると見込まれるため、2013年度と2014年度に発生する費用の総額は2月6日時点の想定から大きな変更はないとのこと。

【関連ニュース】
ソニーの14年3月期最終赤字は1300億円に、PC撤退費用など追加
ソニー、2014年3月期見通しを下方修正―連結純損失は1300億円に
ソニー最終赤字1300億円に拡大、PC分離で 14年3月期
ソニーの構造改革、“まだ手ぬるい” 3度目の下方修正に海外紙から厳しい声
苦難のソニー 「スパイダーマン」も疲れている

エクスパンシス
No tags for this post.
コメント 停止中