ソニー、2013年度連結業績は1284億円の赤字〜今期も赤字500億円予想

fy13

ソニーが、2013年度の連結業績を発表。税引前利益は前年比2,163億減の257億円。株主に帰属する純損益は、前年度415億円の利益に対し1,284億円の損失。2015年3月期の連結当期純損益(米国会計基準)も500億円の赤字予想。

売上高及び営業収入は前年度比14.3%増の7兆7,673億円。増収は主に為替の好影響、PS4の発売、及びスマートフォンの大幅な増収によるもの。

営業利益は前年比2,000億円減の265億円。資産売却にともなう売却益や再評価益が前年度に比べて減少したこと、構造改革費用も含めたPC事業に関連する損失が前年度の386億円から917億円に拡大したこと、電池事業やディスク製造事業において減損を計上したことなどによるもの。

PC事業に関連する損失917億円には、PC事業の収束を決定したことにともなう費用583億円が含まれており、分野別では455億円がMP&C分野に、128億円が全社及びセグメント間取引消去に計上。

報道関係者向け説明会で、CFOの吉田氏はIP&S以外、エレキ事業のセグメントで黒字が出ていないことを、2013年度までの10年にわたるエレキ事業の売上高および営業利益の推移をグラフ化などを通じて指摘。2007年の5.9兆円をピークに、半分近い水準までエレキ事業の売上高が縮小しているのにそれに対応したコスト構造の転換がまだ十分に図られていないとして、2014年度も1,350億円の事業構造改革費用を計上することで、黒字体質への転換を図るとか。「コーポレートの高コスト体質を変えられるかが最大のチャレンジ」とのコメントも。

にしても今期もすでに赤字確定とは…。来期は堅調な金融に加え、医療機器と不動産ビジネスで黒字化、なんてことになればいよいよ何の会社かわからなくなるなあ…。

【関連ニュース】
ソニー、’13年度は1,284億円の赤字に。TVの損失は縮小
PS4好調も販売費用などでゲーム分野は81億円の損失

ソニー、14年3月期の最終赤字1283億円 今期は最終赤字500億円
UPDATE 3-ソニー、今期は2年連続の最終赤字を予想 構造改革費用で
ソニー:2年連続赤字 今期予想500億円 構造改革遅れ
電機業界で「独り負け」 ソニー15年も赤字予想
ソニーの今期見通し、2期連続当期赤字-当期純損失500億円
ソニー1283億円の最終赤字 14年3月期、今期も500億円赤字予想
ソニー最後のVAIO決算は売上6.9%減で917億円の赤字に
ソニー、2013年度は営業利益を264億円計上するも最終損益は1,283億円の損失
【新聞ウォッチ】ソニー2年連続の赤字予想、際立つ改革遅れの「独り負け」
苦闘ソニー、復活の決め手はどこに 5年で4度目の赤字へ
“独り負け”ソニー蘇るか 「電機再建」と「エンタメ」揺れる戦略
ソニー、「終わらない赤字決算」の深刻度 今期も構造改革費用が高止まり

No tags for this post.
  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
  1. 事業構造改革費用ってリストラの早期退職割増金ですか?

    • さあ。部外者の私にはよくわかりません。GK経由でコメントなさったあなた様の方がよくご存じなのでは?

コメント 停止中