さよならソニーのVAIO~2014年春モデルを最後にソニーのPC事業は収束へ

vaio_14spr

PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について

ソニーと日本産業パートナーズ(以下JIP)は、ソニーのVAIOブランドPC事業を、ソニーからJIPに譲渡すること(以下本件)に関する意向確認書を締結したと発表。今後両社は当該PC事業の精査および更なる協議を経て3月末までに正式契約を締結することを目指すとか。

本件はJIPが設立する新会社にソニーのPC事業とPC事業にかかる一部の資産などを承継させる形で行うことを想定しており7月1日を目途に実行を目指すとか。現時点で想定している内容は以下の通り。

・新会社は、独立した事業会社としてVAIOブランドを付するPC事業の企画、設計、開発から製造、販売などに至る事業全体を運営。
・設立当初は、商品構成を見直した上で日本を中心にコンスーマーおよび法人向けPCを適切な販路を通じて販売することに注力する等、適切な事業規模による運営で早期の収益安定化を目指す。
・新会社は、現在ソニーのPC事業の拠点である長野テクノロジーサイト(長野県安曇野市)をオペレーションの拠点として、ソニーと国内関連会社でPCの企画、設計、開発、製造、販売などに従事している社員を中心に250~300名程度で操業を開始する。
・新会社はJIPの出資および経営支援のもと設立・運営されるが、立ち上げと円滑な事業移行をサポートするため、設立当初はソニーから5%の出資を行う。
・本件取引の対価については、正式契約にて確定される譲渡資産に応じて今後協議する。

総合的に検討した結果、ソニーとしては、モバイル領域ではスマートフォン及びタブレットに集中し、PC事業をJIPが設立する新会社へ事業譲渡することにより新会社のもとでVAIOブランドPC事業を存続させることが最適であるとの判断に到ったとのこと。

新会社への事業譲渡に伴い、ソニーはPC製品の企画、設計、開発を終了し、製造、販売も2014年春モデルを最後としPC事業を収束。なお、事業収束後も、販売済みソニー商品のアフターサービスは継続。

また、JIPは『戦略的カーブアウト』の豊富な実績を有しており、ソニーのPC事業がこれまで培ってきた特徴ある商品創りとオペレーションのノウハウを活用し、VAIOブランドPC事業を継承する独立事業体として、将来的な成長と収益力強化を目指す新会社を支援することによりVAIOファンの期待に応えられるものと考えているとか。

こりゃまた急な話になりましたね。ソニーのVAIOは後にも先にもこの春モデルで終わりってことですね。ストアのオーダーメイドモデルがこの後大変なことになりそう…。

vaio_14spr

ともあれ、ソニーはWindowsに見切りを付けたってことでOK?にしても、テレビよりもパソコンが先になったのがショック…。あと、ソニーストアの存在意義も相当薄まるね。

【追記】

「VAIO終息は苦渋の決断だった」、ソニー平井CEO ~一方、ソニーとしてのWindows Phone投入に一定の含み

とか言ってるようですが、モバイル向けWindowsは例外と言われても…。VAIOを捨てた代償は大きいぞ、きっと。

これは終わりではない、VAIO新時代への幕開けだ
ソニーがVAIO事業を売却する理由。変化したPC事業の位置づけ

今何を言われても…。現物が出てきてから評価する。

【関連ニュース】
どうなるVAIO? ソニーのPC事業を検証する
さよならVAIO、さよならSONYのレクイエム
【家電・PC】苦境のパソコンと、ソニーの再生
「VAIOのソニー」から「Xperiaのソニー」へ テレビは分社化
衝撃が走ったソニーの「PC事業(VAIO)」譲渡 – ソニーらしい尖ったPCとしてのVAIOが消えることはない
VAIOの技術は残る ソニーモバイルからWindows端末発売の可能性も by 石野純也

No tags for this post.
  • トラックバック 停止中
  • コメント (1)
    • ra_su
    • 2014 2/7

    残念です。初めて買ったPCがC1でした。そして、P。残念です。

コメント 停止中