ソニー、BDレコーダー新製品5機種を発表~全機種にXperiaやiPhone/iPadへのワイヤレスおでかけ転送機能を搭載

bdrec_131023

Xperia™、iPhone/iPadなど多様な端末でテレビ番組を再生 操作性を高めたリモコンを新採用したブルーレイディスク™レコーダー5機種発売 ~上位機種には4K対応テレビにも適した画質に調整する高画質回路“CREAS 5”新搭載~

ソニーが、対応するスマートフォンやタブレットなど幅広い機器を使って、テレビ番組を視聴できるブルーレイディスクレコーダー5機種を11/16に発売すると発表しました。ソニーストアでの販売価格はおおむね市場推定価格マイナス200円ぐらい。

BDZ-ET2100(チューナー:3、内蔵HDD:2TB):市場推定価格110,000円前後
BDZ-ET1100(チューナー:3、内蔵HDD:1TB):同90,000円前後
BDZ-EW1100(チューナー:2、内蔵HDD:1TB):同75,000円前後
BDZ-EW510(チューナー:2、内蔵HDD:500GB):同65,000円前後
BDZ-E510(チューナー:1、内蔵HDD:500GB):同55,000円前後

対応端末をLAN接続し、録画した番組をワイヤレスで転送して外出先で視聴できる「ワイヤレスおでかけ転送」機能を上位機種4機種に搭載。ワンセグ放送の約4倍の解像度(VGA画質)で1時間番組なら最速2分30秒で転送可能。

放送中の番組や録画した番組を家の中の好きな場所で楽しむことができる「家じゅうどこでも視聴」機能は全機種に搭載。Xperiaの最新機種ではフルハイビジョンの高精細な画質のまま録画番組を再生可能。

全機種に新たに採用した「らくらくリモコン」は、使用頻度の高いボタンの大きさや配置を見直し、リモコン本体のサイズをコンパクトにすることで使いやすい形を追求。

上位機種の『BDZ-ET2100』と『BDZ-ET1100』には、より滑らかな階調表現を実現し、映像やモニターの特性に合わせて自動で映像を調整する技術を含む、高画質回路“CREAS 5”を採用し、高精細な4K対応テレビと組み合わせて、より自然な映像が楽しめるモードも搭載。

bdrec_131023_1

価格は抑えてきた感じだけどまだまだ高いかなあ。iOSデバイスのワイヤレスお出かけ対応をRECOPLA単体でと期待してましたが今までと何も変わらず…。ちなみにXperiaにDRモードで録画したフルHDの1時間番組を転送するのに48分必要だそうです。高画質で楽しみたい場合は運用に工夫が必要かも。あと、torneベースのPS3やVitaとの連携もSCEにまかせっきりにしないで対応して欲しいところ。ポータブルワイヤレスサーバーのような製品もパナソニックに先行されてるし…。

【関連ニュース】
ソニー、4Kテレビ向け画質の「CREAS 5」搭載BDレコーダ スマホ転送や録画番組検索も強化。リモコンは小型に
フルHDで番組持ち出し&ストリーミング、ソニーのBDレコーダー新ラインアップ

エクスパンシス
コメント 停止中