ソニー、FeliCaを利用した電子お薬手帳サービス~データのみクラウドへ蓄積

felica_okusuri

個人情報とデータを分離し、データのみをクラウドに蓄積する新システムを開発し、FeliCaカードを利用した電子お薬手帳サービスを提案

ソニーがクラウド上で個人情報に配慮したデータの蓄積を可能とするシステムを新開発。その最初のアプリケーションとして、非接触ICカード技術「FeliCa」のカードを利用した電子お薬手帳の試験サービスを 2013年秋より川崎市にて開始すると発表。今回開発したシステムは、個人情報とデータを分離し、データのみをクラウドに保存。仮にクラウド上のデータへの不正アクセスがあったとしても、個人情報が守られる構造を実現したとか。

紙のお薬手帳は、薬局から受け取る調剤情報シールを貼り付けたり、自分でメモを書き込めたりする手軽さがある一方で、薬局への携行を忘れてしまった場合や、手帳自体を紛失した場合等、調剤履歴を継続的に蓄積、管理するのが難しいという一面もあります。

felica_okusuri_2

ソニーは、個人の調剤履歴の記録や管理向けに、FeliCaカードを利用した電子お薬手帳と、スマートフォン用アプリケーションを開発。利用者は、FeliCaチップが埋め込まれたカードを薬局の端末にかざすだけで、調剤履歴の閲覧と調剤情報の記録が可能。

また、スマートフォン用アプリをインストールすれば、モバイル端末からも情報閲覧できるほか、診察を受けた際の症状や、服薬後の副作用、アレルギーなどの記録も可能。薬局は専用ソフトをインストールしたパソコンおよびタブレット、並びにカードリーダー等を用意することで、システムを構築可能。

ソニーは実証実験として、川崎市宮前区医師会および同市薬剤師会と協力して、2011年11月より川崎市宮前区にある約20の薬局にシステムを提供。各薬局がこのシステムを用いたサービスを提供し、現在までに約1,000名の利用者が実際に利用中。実験を通して利用者や薬局の要望や蓄積した知見を活かし、2013年秋からは対象エリアを川崎市全域に拡大して、ソニー自ら試験サービスを展開するそう。

エクスパンシス
コメント 停止中