Bluetooth/NFC搭載でWM・スマホ・iOS端末とつながるスピーカーセパレート型マルチコネクトコンポ2機種

cmt-sbt

スピーカーセパレート型のマルチコネクトコンポ 2機種発売~NFCとBluetooth®を搭載、1台で“ウォークマン”、スマートフォン、iPhoneなどの再生が楽しめる~

ソニーは、音楽CDやラジオ放送に加え、ウォークマン、スマートフォン、iPod/iPhone/iPadやタブレット端末などをつなげて、1台で様々なミュージックソースを楽しめるS-Master、Bluetooth、NFC搭載のスピーカーセパレート型マルチコネクトコンポ2機種が7/6発売とか。ソニーストアでの販売予定価格はネットワーク対応の『CMT-SBT300W』が39,800円、同非対応の『CMT-SBT100』が29,800円

上位機種の『CMT-SBT300W』は、音の広がり感を再現しやすいドーム型トゥイーターを採用したほか、実用最大出力50W+50Wのハイパワーアンプを搭載。Wi-Fi(IEEE 802.11b/g)通信機能も搭載し、DLNAやAirPlayを通じたワイヤレス再生も可能。

また、両機種とも、付属のウォークマン専用スタンドでウォークマンに接続できる他、iPod/iPhone/iPadの再生にも対応したUSB端子を併設し、機器を充電しながら音楽再生が楽しめるとか。

Bluetooth絡みでは、伝送コーデックなどにより圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」を搭載しており、原音により近い広がりのある音で再生可能とか。また、AACとaptXコーデックにも対応しているそうです。

久しぶりのスピーカーセパレート型製品だけど、基本的な機能というかコンセプトが似た製品をこれだけ横展開できるもんだなあ。ある意味すごい…。しかも、なんでもかんでも「S-Master」搭載でありがたみがどんどん薄れていってる…。

【関連ニュース】
ソニー、NFC/Bluetooth/AirPlay対応のCDミニコンポ S-Master搭載、無線LAN/DLNA対応。実売4万円
ソニー、iPhoneもウォークマンもつなげるシステムステレオ–Bluetooth対応も
ソニー、iOS/Android/ウォークマンとの“マルチコネクト”対応ミニコンポ2機種

エクスパンシス
コメント 停止中