ソニーとパナ、次世代有機ELパネルおよびモジュールの共同開発で正式合意


テレビ/大型ディスプレイ向け次世代有機ELパネルの共同開発で合意(Sony Japan)

ソニーとパナソニックは、2012年6月25日付で、テレビ/大型ディスプレイ向けの次世代有機ELパネルおよびモジュールを共同で開発する契約を締結。両社が有する基本技術および印刷技術を活用し、次世代の有機ELパネルおよびモジュールを共同開発。両社が共同開発を進める技術は、大型かつ高精細の有機ELパネルおよびモジュールを低コストで量産するのに適しており、2013年内の量産技術の確立を目指すとか。並行して、量産フェーズでの協業の可能性についても検討。それぞれの強みを活かして、高性能かつ競争力のある次世代の有機ELテレビおよび大型ディスプレイの開発・商品化に取り組むとのこと。

何があってもテレビが捨てられない両社がタッグを組んだというイメージ。とにもかくにも、実際の商品が出てこないとなんとも…。早く見たいな「XEL-1」の次世代機(XEL-2?)。

【関連ニュース】
ソニーとパナソニック、有機ELパネル共同開発で合意
ソニーとパナソニック、テレビ用有機EL共同開発で合意-2013年内に量産技術確立。印刷ベース
ソニーとパナソニックのタッグが実現 – 共同での次世代有機EL開発で合意
ソニーとパナソニック、有機ELの共同開発合意へ-量産技術を確立
【ソニーの真実】ソニーの誤算…テレビを作るほど赤字に
「エアボード」「ロケーションフリー」開発秘話1(第1回)

エクスパンシス
コメント 停止中