CEATEC JAPAN 2011出展情報他、本日発表のソニーリリース情報

「CEATEC JAPAN 2011」出展のご案内

2011年10月4日(火)から8日(土)まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2011」の出展情報。Video Unlimitedなどのネットワークサービス、Sony Tablet、<ブラビア>、VAIO、ウォークマン、Reader、ヘッドマウントディスプレイ、デジタル録画双眼鏡、家庭用&業務用蓄電池、SCEのPS Vitaや24inchサイズの3Dディスプレイ、ソニエリのXperia acro/ray/PLAYなどを展示。

色々まとめてみられるのが良いなあ。行けるかなあ…。

ソニー、米国スマートグリット実証実験 “Pecan Street Smart Grid Demonstration Project”に参加

CEATECとは関係ないけど、米テキサス州で行われるスマートグリッド実証実験“Pecan Street Smart Grid Demonstration Project” に参加。実用的なだけでなく、楽しく継続的に利用したくなるHEMS(ホームエナジーマネージメントシステム)を構築し、実用化に向けての検証を行うとか。

ピーカン(ペカン)ってテキサス州の州木のことなんですね~>ペカン(学名:Carya illinoinensis)

標識物質なしに細胞を分析・採取する新技術を開発 ~ 独自の電子計測技術によって、種類の異なるがん細胞の識別を実現 ~

ソニーと東京医科歯科大学が、細胞の電気的性質の違いを利用して、個々の細胞を標識物質なしに識別する技術を世界で初めて開発。また、分析した細胞を結果に応じて仕分け、採取するため、流路に電場をかけて細胞の流れる方向を制御する技術も開発。将来的には、再生医学や免疫学等のライフサイエンス研究分野において、標識物質を用いることなく様々な細胞を分析・仕分け・採取し、それらを必要に応じて活用可能とすることが期待。

映画館の臨場感をご家庭で楽しめる 世界初4K(4096×2160画素) ホームシアタープロジェクター 発売 -新開発 4K“SXRD”、4K映像表示デバイス向けデータベース型超解像処理LSIなどの技術を結集-

4K(4096×2160画素)映像を投影するホームシアタープロジェクター「VPL-VW1000ES」。SXRDに4K映像投影用のさらなる改良を加えた新開発4Kディスプレイデバイス “SXRD”や、フルHD解像度の映像を高精細でリアルな4K映像に変換する、新開発「4K映像表示デバイス向けデータベース型超解像処理LSI」など、高画質・高精細な臨場感あふれる4K映像投影を実現する様々な技術を導入。メーカー希望小売価格は1,680,000円。カメラで撮影した4K静止画をPS3経由で高品位投写が可能となるアプリケーションソフトを開発中で、2012年年初を目途に提供。

【関連ニュース】
スマートメーター自体は重要ではない、自律制御が肝だ

エクスパンシス
コメント 停止中