VAIO Z2 まったり日記 第4回~ACアダプターサイズ比較

VAIO Z2のACアダプターは通常のタイプとPower Media Dock(PMD)用と2種類。前者はなんとか持ち運べそうなサイズですけど、後者はできることなら持ち歩きたくないほど威圧感のある大きさ。てことで、手持ちの他機種のアダプターを並べて比較してみました。


画像は左からVAIO P(初代type P)、VAIO X、VAIO Wときて、Z2、ZS(PMD)の順。とりあえずメガネケーブル無しの状態です。標準タイプがWよりも一回り大きい程度。もうひとふんばり、Wぐらいまで行って欲しかったけど出力の関係で限界だったんでしょうね。


Z2用は両方とも電圧は19.5Vで、電流は前者が3.3A(64.35W)、後者が6.2A(120.9W)。PMD込みの消費電力はなんと最新のPS3よりも多くなることも…。さすが標準電圧搭載マシーン。昨今の電力事情を鑑み、夜間に充電、使用時はできるだけバッテリーで運用するようにします。

にしても、こうしてみるとPやXのアダプターってホントに小型ですね。会社や自宅、カフェの机やテーブル経由で無線充電できるようになれば、こんな風に一喜一憂することも無くなるのかな。そんな時代になるのはいつの日か…。


なお、シートバッテリーを単体で充電できる「バッテリーアダプター(VGP-BP10)」の仕様は標準のアダプターと同じ19.5V/3.3A。PMD用アダプターは電流の違いもさることながら、Thunderbolt対応のUSBコネクタが邪魔でケーブルが干渉してNGでした。

ちなみに、内蔵バッテリーとシートバッテリーを同時に充電する場合は以下の順で充電されるそうです。(いたわり充電モードが無効の場合)

1)内蔵が80%まで充電されるとシートの充電開始
2)シートが80%まで充電されると内蔵が100%まで充電
3)シートが100%まで充電

よく考えてますね~。

エクスパンシス
コメント 停止中