ソニー、6万円の3D対応HD有機ELパネル搭載ヘッドマウントディスプレイ


世界初HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイを発売 -目の前に映画館クラスの仮想ワイドスクリーン※2が広がる、新たな3D視聴スタイルを提案-(ソニー製品情報)

ソニーは、頭部に装着することで、映画館クラスの仮想ワイドスクリーン(750型相当)が目の前に広がり、2Dおよび3DのHDコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” 『HMZ-T1』を11/11に発売すると発表。リビングルームのソファーなどでリラックスして装着し、映画館にいるような臨場感を楽しめる新しい3D視聴スタイルを提案し、ソニーの3Dワールドをさらに広げるとか。市場推定価格は60,000円前後。ソニーストアでの販売価格は59,800円ですでにメール登録受付中。

同機は独自のディスプレイ技術と半導体技術による新開発0.7型の「HD有機ELパネル」(1280×720)を搭載。有機ELパネルの高コントラスト、色再現性、高速応答性能を生かした高品位なHD映像を実現。左右それぞれに独立したHD映像を表示して3Dを実現する「デュアルパネル3D方式」を採用。クロストークのない、自然で明るい高純度な3D映像が楽しめるとか。収差や歪みを徹底して抑えた光学レンズの採用により、広い視野(広水平視野角45度)を実現し、映画館クラスのワイドスクリーン(仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴距離約20m)で鑑賞可能。音質面では、独自のバーチャルサラウンド信号処理技術を採用。左右のヘッドホンだけで最大5.1ch相当の迫力ある音響効果が楽しめるとのこと。

ソニーのヘッドマウントディスプレイはグラストロン以来でしょうか。99年12月発売の「PLM-A35」が最後なら実に12年ぶり。あ、でも3Dグラストロンとは言わないのね。ともあれ、HD有機ELパネルの実力やいかに。とにかく現物見ないとなあと思ってたら、実機を試用した本田さんのレポートが上がってました。“過去のヘッドマウントディスプレイの実績から「良くなると言っても、たぶんこのぐらいだろう」という期待値は超えている”とのこと>超鮮明映像のソニー新HMD「HMZ-T1」を体験 有機ELで「クロストークゼロの3D」

【関連ニュース】
ソニー、3D対応の有機ELヘッドマウントディスプレイ-実売6万円。750型スクリーンを20mから見た映像
ソニー、有機EL HMD「HMZ-T1」の発表・体験会を開催-暗闇に浮かぶ有機ELの高画質3D。一般向け展示も
—–
【麻倉怜士CES報告5】ソニーの「3Dグラストロン」,常識破りの高画質を有機ELで実現
3Dメガネの標準化にシャープや東芝、Philipsも賛同-4社が新たに参加。3D TV/メガネに共通ロゴマーク

エクスパンシス
コメント 停止中