2011年VAIO春モデルはノートPC 3シリーズとボードPC 1シリーズ

スタイリッシュなデザインに高い機能と携帯性を両立したモバイルPC VAIO「Sシリーズ」発売~約23.9mmの薄型フルフラットの筺体で最長約8.5時間のバッテリー駆動を実現~
フルHDで高品位な3D映像を楽しめる「Fシリーズ」などVAIO 春モデル 発売~集光材を使ったビビッドデザインの「Cシリーズ」、テレビが約5秒で起動する「Lシリーズ」も発売 ~

1ヶ月ぶりの新製品発表はVAIO春モデル。ノートPC 3シリーズとボードPC 1シリーズ。

「Sシリーズ」
ソニーストア
厚さ約23.9mmのフルフラットのスリムデザインで、本体にアルミニウム合金とマグネシウム合金採用で高い堅牢性と軽量な筺体を実現。スイッチひとつで処理速度の速い「SPEEDモード」と省電力の「STAMINAモード」を切り替えることができ、用途に合わせて効率的にバッテリーを使用。駆動時間は内蔵のバッテリーで最長約8.5時間、別売のリチャージャブルバッテリーパック(拡張用)と併用すれば最長約17時間もの長時間駆動が可能。内蔵バッテリーを優先的に充電し、拡張バッテリーから先に放電する設定になっているため、拡張用バッテリーを着脱しながら、効率的に使用できるとか。

「Fシリーズ」
ソニーストア
フルHDで高品位な3Dを楽しめる16型ワイド液晶搭載のノートPC。画面に集中できるよう余計なものを排除したシンプルな「ノイズレスデザイン」。

「Cシリーズ」

ソニーストアソニーストア
高い基本性能と、集光材を用いたビビッドな色を含む5色のカラバリを揃えたノートPC。USB 3.0端子も搭載し、対応ストレージなら大きなファイルも高速転送可能。

「Lシリーズ」
ソニーストア
エンタメ機能が充実したボードPC。OSを起動せずにテレビを視聴できる「スグつくTV」やWebブラウザーを素早く起動できる「Quick Web Access」機能などを搭載。ビデオカメラやゲームなどを接続してモニター代わりに楽しめるHDMI入力端子や、デュアルモニターとして映像出力やデジタル音声出力が可能なHDMI出力端子も。

Lシリーズは見た目がもう完全にテレビだね。PCの電源を入れなくても表示用ディスプレイとして利用可能なHDMI入力端子がうらやまし~。さておき、CとE、ZとSとYの区別がつかなくなって久しい。自分がダメダメなのか、ソニーがダメダメなのか…。

【関連ニュース】
ソニー、フラットなデザインの13.3型モバイル「VAIO S」シリーズ ~CPU内蔵とGPUの切替スイッチを装備
ソニー、240Hzパネル採用の「VAIO F」3Dモデル ~集光材を使ったカラフルな「VAIO C」も
ソニー、“スグつくTV”搭載の液晶一体型「VAIO L」シリーズ

コメント 停止中