「Giga Pocket Digital」フィードバックミーティングに参加してきた

みんぽす経由で試用中の「Giga Pocket Digital」ですが、そのフィードバックミーティングが8/1(日)の午後に開催されました。自分を含めて10名が参加。Giga Pocket Digitalを約一ヶ月間使ってみた感想や意見などをソニーの開発陣に伝えました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

最初にソニーの開発陣からGiga Pocket Digital開発にかける思いの発表があったんですが、現行のデジタル放送対応のギガポの歴史って意外に浅くて2008年からだったんですね。ということでたった2年ほどしか経過してないわけですが、地デジのシングルチューナーから始まり、今や3波Wチューナー搭載と、驚くべきスピードで進化しているようです。

コンセプトも、ver.1ではTVとHDレコーダーをパソコン上で実現すると、どんなことができるか、CPUパワーでコンテンツを解析したら、ネットサービスを連携したらといった、新しいユーザー体験の提案から、現在のver.3では、もっとサクサクと操作したい、予約後シャットダウンしたい、設定・使い方が難しい、今はダブル録画は当たり間、お出かけ番組も高画質でなど、お客様に使い込んで頂ける作り込みへと変わってきたとか。

その後、ミニイベントとして参加者のMyカルテを披露。Myカルテは番組の録画や試聴履歴などからユーザーの嗜好をGiga Pocket Digitalが導き出す機能で、好きなタレントや好みのジャンルをベスト10方式で表示してくれるもの。これが正に十人十色。写真は撮ってないんですが、10人が10人バラバラな結果で、大変面白かったです。ただ、実際の精度に関しては今ひとつで、ほとんどの人が満足していませんでした。

ちなみに自分のカルテはこんな(→)感じ。NHKの朝ドラを毎日録画するように設定しているので、向井理君がトップに来るのはわかるんですが、主役で女房役の松下奈緒さんが10位というのがなんとも微妙…。

Myカルテ披露の後はディスカッション。事前に10人が提出したアンケート結果をみんなで見ながらの意見交換会。これまた実に色々な意見が飛び交い面白かったです。起動時間については、快適に使えるという人もいれば遅いと感じる人もいるようでした。自分は後者。VAIO Media Plusのコンテンツ解析等、VAIOはバックグラウンドで動くアプリも多く、その影響を指摘する声もありました。

また、再生・利用中の動作が不安定で、フリーズなどの不具合に遭遇したという人も多かったです。録画失敗やGiga Pocket Digitalを使いながら他の作業をするのは不安という声もありました。自分も2番組同時録画中に追いかけ再生をためしたことがあるんですけど、負荷がかかりすぎたのかアプリが反応しなくなって最終的に強制終了。結果的に録画失敗なんてこともありました。

一方で番組表やビデオ一覧画面は概ね好評。キーボードを使った検索など、専用機にできない芸当。個人的にはサムネイルが優秀で驚きました。高確率で番組タイトル、またはそれに近い画面になるんですよね。

でもって、かなり評価が高かったのがダイジェスト再生。とりわけCMとばしの「長め」が高評価。自分もレビュー前編でっきましたが、CM以外の本編を連続再生する機能は少なくともソニーの専用機には無いです。ただ後で知ったんですが、ダイジェスト再生中の早送りと巻き戻しが使えないらしいです。これはちょっといただけない。

一番評価が高かったのが、おでかけ再生。持ち出すまでの手順が簡単なこと、チャプター再生が有効なこと、などが高評価に繋がったようです。個人的にはPSPとウォークマンを区別無く使えるのが良いと思いました。ただ、AVCの画質が今ひとつなのが残念。ウォークマンはまだしもPSPにはちょっときついかも。ということで、出力フォーマットに選択肢が欲しいです。あと、メインの録画データを消しても、おでかけ専用データが残るのはかなり便利です。これは専用機に無い機能。

専用機には無いカタログビュー機能も概ね高評価。見ているだけで楽しいという意見もある一方で改善要望も多かったのが印象的。情報の充実に加え、クラウド対応やウォークマンなどでの持ち出しなどの意見も出ました。

とにもかくにも、Giga Pocket Digitalに必要なのは安定感でしょう。専用機が動いている環境での試用なので、録画に失敗しても問題ないんですが、これがVAIOしかない環境だったらおそらく怒り心頭でしょうね。お出かけにしてもカタログビューにしても、番組が録画されないと使えないわけですし…。ということで、機能アップも大事ですが、リスク回避や安定性を突き詰めていくのも大事なんじゃないかと思いました。

てなことで、フィードバックミーティングの簡単なまとめでした。ちなみに、自分が借りてるVAIO Jは明らかに挙動がおかしいみたいで、交換してもらうことになりました。代替え機はノート型にしてもらえるそうです。

エクスパンシス
コメント 停止中