iPhone 4 Bumper を試す~Dockコネクタとヘッドホン端子に要注意

iPhone 4の純正アクセサリー、「Bumper」のブラックをゲット。黒以外は納期がかかるようなので、まあ良いかなと。ちなみに、この商品は耐久性の高いゴムと成型プラスチックを組み合わせたフレームがiPhone 4のエッジにぴったりフィットして本体を保護するようになってます。

パッケージ裏面にある装着方法解説イラストのまあシンプルなこと。バンパーの素材がゴムとプラなので実際簡単なんすけどね。スイッチ系が集中する上部を起点にグリグリやってればスポッとはまります。

公式サイトでは「iPhone 4をカラフルに、個性的に彩る」とかなんとか言ってるけど、黒に黒だからカラフルでも何でもない…。むしろかなり地味というかパッと見ケースを付けた3G/3GSみたい。個人的にはキライじゃないからいいけど…。

さすが純正だけ会って、がたつきもスキマも無く、完璧にフィットしてます。装着後の操作性も問題なし。メインスイッチもボリュームスイッチも反応良いです。にしても2,800円はちと高いかなあというのが正直な感想。

側面の保護性能はそこそこですが、前面と背面はむき出しのままなので、落下する角度や落下する場所によってはがっつり本体が損傷するケースも出てくるでしょう。ま、そういうもんだと思って使うのが肝要かと。

さておき、2点ほど問題が発生。ヘッドホン端子の開口が小さく、端子がアップル純正品に近いサイズじゃないと入りません。手持ちはソニー製品が多いのですが、EX700SLやEX90SLはNGでした。残念。

また、Dockコネクタ部の開口が純正ケーブルのコネクタよりも一回り大きい程度のシビアなサイズなため、Dock対応製品で使えるモノと使えないモノが出てきてしまいました。

色々試して使えたのは、充電用ショートケーブルとソニーのBTドングルのみ。いずれもコネクターの端子が他の製品よりも若干長いため使えたみたい。ただ、ガチッとはまっているわけでないので外れやすいのも確か。クレードル関連は純正品がないので試してないけど、プリンストン製はNGでした。

手先が器用なら開口を削って広げちゃうという手もありかもしれないけど、自分が持ってる製品はコネクタよりも先が結構厚みがあるモノなので無理っぽいっす。ということで、Dockコネクタ対応製品を多用する人でBumperの購入を検討している人は、諸々のトレードオフが発生するのでくれぐれもご注意のほどを~。


(参考までにiPhoneより左がNGだったもの、右側が動作したものです。写真がボケボケですいません!)

【関連ニュース】
『iPhone 4』純正バンパー、使用レビュー
「iPhone 4」のアンテナ問題–アップルの説明とそれに対する疑問点

エクスパンシス
  • トラックバック 停止中
  • コメント (1)
  1. こんにちは。
    ドングルもそうですが、Dockも同じく端子が届かなくなってしまうようです。
    2種類のサードパーティ製を試しましたが全滅で、がっかりです。

コメント 停止中