世界初の2画面タッチパネル採用の東芝librettoは標準で2時間駆動

世界初の2画面タッチパネルWindows®ミニノートPC 「libretto W100」などの発売について 東芝ノートPC 25周年にあたり4機種7モデルを投入(東芝)

東芝がノートPC事業25周年にあたり、世界初の2画面タッチパネル採用のWindowsミニノートPC「libretto W100」や世界初Androidプラットフォーム採用の新インターネットデバイス“クラウドブック”「dynabook AZ」など、4機種7モデルを6/25から順次発売すると発表。

「libretto W100」の2画面タッチパネル液晶搭載はインパクトあるし、所々東芝の技術力を感じさせるけど、いかんせん大容量バッテリーで4時間(標準バッテリーで2時間)駆動ってのは今時のモバイル機器としてはかなり心許ないかなあ…。

そういう意味ではソニーのVAIO P 2ndの方が全然バランス取れてると思う>ソニー「VAIO P VAIOオーナーメードモデル」~Atom Z560とUS15X、256GB SSD搭載モデルの性能は?

ちなみに、Android採用のAZは驚異的なバッテリー性能らしいです>Android採用の“クラウドブック” 東芝「dynabook AZ」

【関連ニュース】
東芝、Android搭載の“クラウドブック”「dynabook AZ」
東芝、ダブルタッチスクリーンのUMPC「libretto W100」
【東芝liblettoを最速レビュー】2画面タッチの個性派モバイルとして復活!
これはコンセプトモデルではない!──「libretto W100/11M」のデュアルディスプレイな使い勝手を試す
—–
サイト閲覧は未だ「パソコン」が圧倒的―携帯電話ユーザーのパソコン利用に関する調査(17)
モバイルノートはネットブックの勢いが再加速中!――ビックカメラに聞く
「iPad」などタブレットの台頭でネットブックのシェアが縮小–米調査

エクスパンシス
コメント 停止中