突っ込みどころが多いのがむしろ楽しいPSP go

11月1日発売のPSP goですが、表題の通り使ってみると実にいろんな突っ込みどころがある商品です。その突っ込みどころについては追々エントリーするとして、感心したのが青山のSCE本社ロビーで展開するシグネイチャーシリーズで発売されてるPSP専用スタンドが実にしっくりきたこと。

pspgo_091106

PSP goのイヤホンジャック位置に対してのスタンドの切りかきが実に絶妙。PSP goにジャックが刺さった状態でおそろしいぐらいにセンターに来ます。久多良木さんに気遣ってなんてことは無いですよね?それもまあ、PSP-2000発売以降のスタンドに関しての話ですけど…。

ネットワークにつないで楽しむPSP®goで広がる楽しみ

はMy Sonyメールマガジン オフィシャルサイトの特集記事。PSP goはゲームの楽しさを「常に携帯する機器」という形で提供であり、ネットワークとの親和性を高め、小型化・軽量化を突き詰めた、ひとつの提案とか。

それはわかるんですけど、SCEでえらい立場の人たちがマジでガチでPSPでゲームを楽しんでいると思えないんですよねえ、同世代の平井さんは特に…。ま、んなこと関係なく俺はバリバリゲームするけどなー。

コメント 停止中