60Wの電力を伝送し50cm離れた電子機器を駆動できるワイヤレス給電システム

磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発~60Wの電力を伝送し、50cm離れた電子機器を駆動~(Sony Japan)

ソニーが電源コード接続無くして電子機器へ離れた場所から高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表。60Wの電力を50cm離れた電子機器に高効率(送電・受電デバイス間約80%、整流回路含み約60%)で給電が可能になるとか。

同システム採用の磁界共鳴型非接触給電技術は、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介し同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する方式で、デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能。送電・受電デバイス間に金属があってもそれが熱くならないのが特長。

本方式をもとに高周波伝送技術を応用して開発した高速・高効率整流回路を搭載することで高い給電効率を実現。加えて、送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するレピータデバイスも開発。送電・受電デバイス間に配置することでその給電効率を維持したまま、給電距離を80cmまで伸ばすことにも成功したとか。

テレビのような機器で使う場合に50cm~80cmが短いのか長いのかは微妙なところですが、比較的小さなモバイル機器であればそれぐらいの距離感でも十分に使えそうですよね。供給システムを用意できれば、自宅や会社のデスク上でVAIOを常にコードレスでしかも充電しつつ使えるのかな…。何より非接触なのがすごい。今後の具体的な商品化、製品化がマジで楽しみです。

【関連ニュース】
ソニー、高効率「ワイヤレス給電システム」を開発 -磁界共鳴型で、60Wの電力を50cm離れた機器に伝送

No tags for this post.
コメント 停止中