仕事柄PDF文書を読むことが多い貴兄にSony Reader

Sony Readerの新型入手しました

IFA2009の取材でドイツへ行った塩田紳二さんが現地の空港でSony Readerの最新機種をゲットなさったとか。購入理由はPDFリーダーを内蔵している(仕事柄、PDFの文書を読むことが多いとか)のと、日本語文書も表示可能だからとか。

氏が入手したPRS-600は4世代目で、様々な面で改良が進んでいるそうです。最大の特徴はタッチパネルで、ソフトウエアキーボードによるテキスト入力や、付属のスタイラスによる手書きメモが可能とか。ちなみに塩田さんは電子書籍は一度も購入したことがないそうです。

PDF資料を読むためだけというのも、なんだかんだでもったいないような…。今はPS Networkで電子書籍コンテンツ販売も可能ってことで、色々とやり方は考えられそうな気もしますが…。電子書籍リーダーとしてのiPhoneの台頭とMacタブレットの噂が考えようとする気持ちを萎えさせるというかなんというか…>始まった電子ブック戦争

ちなみに、日本のAmazonで「PRS-600」が買えます。しかもAmazon直々の販売。38,760円で10月中に発売されるようです。さらに他の機種も併売中。

米国ではハードやコンテンツ含め熾烈な争いをしているのに、日本はなんて平和なのでしょう。てか、ソニスタもオーバーシーズモデルとして取り扱ってみたらどうなんでしょうか~。

【関連ニュース】
Macタブレットは「2010年2月リリース」の報道
電子書籍の認知度は7割、半数近くが「今後利用したい」 – 楽天リサーチ調査

No tags for this post.