WiMAX通信機能搭載VAIO「type P」「type Z」が発売に

こちらのご案内通り、本日、7月27日(月)から、「type Z」と「type P」のVAIOオーナーメードモデル(VOM)でWiMAX通信機能搭載iconの選択が可能になりました。WiMAX「搭載」を選択すれば、エリア内で下り最大13Mbps、上り最大3Mbpsの高速通信が可能になります。

オプション価格は10,000円。なお、「搭載」を選択の場合は、ワイヤレスWAN & GPSで「搭載」を選べず、「搭載」を選択の場合のワイヤレスLANはIEEE802.11a/b/g/nが、「なし」を選択の場合ワイヤレスLANはIEEE802.11b/g/nが搭載されるそうです。

iconicon

ソニー、VAIO type PがワイヤレスLAN/WANの同時使用に対応

また、24日にVAIO type Pのユーティリティ「VAIO Smart Network Ver.2.2.2」アップデートプログラムが公開されています。ワイヤレスWANとワイヤレスLANの同時使用が可能になったほか、ワイヤレスWANが有効になっている状態でスリープや休止状態から復帰するとVAIO Smart Networkが動作しないことがある問題を修正したそうです。

エクスパンシス
コメント 停止中