北米市場でふるわないPSプラットフォーム~PSPはソフトがまったく売れない

今さらっ? 2008年北米市場を振り返るのだ!

くねくねハニィさんの「最近どうよ?」最新コラム。2008年の北米ゲーム市場を総括てことで、見過ごせない内容がてんこ盛りなんで、気になるトピックを得意の手抜き箇条書きにて。

  • 北米ゲーム市場規模は213.3億ドル(約2兆円)。日本の4倍。ソフトの値段が北米の方が安いので、本数は日本の6倍。3月末現在での据置型のインストールベースはWiiが2000万台弱、Xbox 360が約1500万台、PS3が約750万台で。PSファミリー以外はすべて販売台数を伸ばしている、つまりSCEのハード全てが販売台数を落としてる。ただしPS3の2008年の販売台数は日本の4倍 以上(「遅すぎて認知度がイマイチのHomeのローンチはともかく」との一言も)
  • オンラインものはXbox 360でのコミュニティが強固でいまさらPS3へ移れない。マルチプラットフォーム向けは、出回ってる台数やネットワーク機能の簡易性を考えると、Xbox 360向けが好まれる傾向が否めない
  • コンソールに対するネット装着率調査では、Xbox 360が50%、Wiiが29%、PS3が20%。PS3がBlu-rayディスクプレイヤーとして使われてる比率が高く、PlayStation Networkがきちんと機能してない=PS3のネット対応の遅れが原因ではとの指摘。前半では「SCEはホントいつも後手に回ってる気がしちゃう」との声も
  • PS3やXboxなどのハイスペック機はゴールがあるゲームが多く、終わると手放す、つまり中古市場が活性化する傾向に。ゲーム専門店として大きなシェアを持つGameStopの売上の半分以上は中古販売

なんかPSプラットフォームのダメっぷりばかりが目立つ内容ですな。PSPにいたってはソフトがまったく売れないってなベンダーの声もある。PS3はあきらめムードだし、こんなんでPSP2で巻き返せるんだろうかと思ってしまう今日この頃。

ソフトベンダーでは北米も日本もカプコンとセガの躍進が目立った感じ。iPhone版バイオハザードやWii版モンハンなど、特にカプコンの勢いは目を見張るモノがある。(追記:Wiiのモンハン3の発売日もついに決定!)

[tmkm-amazon]B000Y3GQAQ[/tmkm-amazon]

任天堂のピークは過ぎたのか? 国内市場でWii販売台数落ち込みという懸念

ハニィさんは日本人の視点で北米ゲーム市場を語るけど、こっちは北米メディアが日本のゲーム市場を語ってる。Wiiの国内販売台数の落ち込みが、世界市場にも飛び火する可能性を示唆。こちらでは、MSやSCEより任天堂の方がネットに弱い的な書き方されてるのが面白い。

ちなみに、記事とは直接関係ないけど、Amazonで北米版のニンテンドーDS Liteが売ってるよー>北米版ニンテンドーDS Lite(Amazon)

【関連ニュース】
PS2の底力
テレビに代わる、新たな映像メディアを目指す「Wiiの間」……って結局どうなのよ?
この世界でも「プロ」の時代は終わるのか? ~「メイドイン俺」が垣間見せるゲームの未来像~

No tags for this post.
コメント 停止中