VAIO type Pが高くても人気なワケ

第2世代ミニノートをスマートに選ぶ! 【第3回】ソニー「VAIO type P」と比較して分かったミニノート選択の基準

iconicon日経トレンディネット、VAIO type Piconのスペックを読み解き、第2世代ミニノートをスマートに選ぼう的な特集。「高価な製品は付加価値で勝負」ということで、type Pが高くても人気なのは、「高解像度液晶、コンパクトなボディー、ワンセグ、WWAN、GPS」といった特徴に魅力を感じる人が多いからと分析しています。

個人的には、打ちやすいキーボード、慣れたら戻れない変態解像度液晶、そこそこ保つバッテリー、ファンレスによる静穏性能などに魅力を感じますが、最大の魅力は、女性でも手軽に持ち運べる、小型軽量でシンプルデザインのボディにつきるような気がします。

持ってるだけで盛り上がるVAIO type P–キー入力も快適

持ってるだけで盛り上がるという話もありますが、発売から二ヶ月経過でさすがに新鮮味はないかも…。にしても、「時計専用サブディスプレイ」で使うにはもったいなさすぎる。

【関連ニュース】
第2世代ミニノートをスマートに選ぶ! 【第2回】ランキングから探る第2世代ミニノート売れ筋の条件
各社しのぎを削り、空前の大激戦に—総論
UMPC:ウルトラモバイルピーシー、聞いたことがある人の約1割が誤認
ネットブックに殺到する「山寨メーカー」 携帯電話の2匹目のドジョウを狙うが、利益なき繁忙の懸念
韓国市場でもついに!ネットブック好調でノートパソコンがデスクトップを上回る
「マイクロUSBメモリー」でネットブックをプチパワーアップ
Windows 7とネットブックの関係–課題は価格と機能のバランス
[WSJ] HPがAndroid搭載のミニノートPCを検討
ミイラ取りがミイラに?

エクスパンシス
コメント 停止中