イヤホンやヘッドホンの売れ筋調査~低価格のカナル型に人気集中

イヤホン・ヘッドホン購入時に重視するのは?

イヤホン・ヘッドホンに関する調査。携帯音楽プレーヤー所有者が持っているプレーヤーの種類(複数回答)は、「デジタルオーディオプレーヤー(iPod など)」78.3%、「携帯電話」41.1%、「MD プレーヤー」24.3%、「CD プレーヤー」22.7%、カセットプレーヤー6.5%。音楽をイヤホンで聴くことが多いと回答した人が、イヤホン購入時に重視するもの(複数回答)は、「価格」72.4%、「音質」60.2%、「デザイン」38.2%、「装着時の感触」37.5%、「コードの太さ・長さ」32.5%、「サイズ」 30.6%、「機能」22.4%。ヘッドホンを利用者は、イヤホンに比べ「デザイン」45.4%や「サイズ」44.4%の回答が多いそうです。また、直近に購入したイヤホン・ヘッドホンの価格で最も回答が多かったのが「1,000円~3,000円」とか。

カナル型が4割、手軽に音質UPできる「イヤホン」「ヘッドホン」の売れ筋

BCNでもタイミング良く関連ニュースを発見。09年2月はカナル型のイヤホンに人気が集中しており、全体で一番売れている価格帯が1000円台とか。メーカー別シェアとタイプ別販売ランキングも載ってます。ソニーはシェア2位で、ランキングに入っているソニー製品は上記の傾向通り、比較的安価なものが多いようです。なお、ノイキャン機能付きモデルは2月の構成比で1.2%とか。

iconiconソニー製は3,000円クラスと10,000円クラスが売れ筋っぽい気がしてます。性能とコストパフォーマンスに優れたモデルと取られるのかな。そういえばスピーカー内蔵のキャリングケース付きの「MDR-EX36SCicon」って実売3,000円なんですよね。スルーしたままだけど、値段もお手頃だから今度買ってみようかなあ…。ちなみに、最近の自分は外出時はノイキャンとEX700の使い分けが多いっす。(久々にEX700をじっくり眺めてみたらLRの塗装が消えかけてました…)

【追記】フィリップスが国内市場に正式参入!Amazonでの絶好調ぶりからくるものかな…>フィリップスが国内ヘッドフォン市場に参入,「5年以内に金額シェア10%を目指す」

エクスパンシス
No tags for this post.
コメント 停止中