1万円以上の価値がある無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」

発想の逆転、無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」を味わう
無線LANで写真転送!! なSDメモリカード
無線LAN内蔵のSD型メモリカード「Eye-Fi」の実力をチェック
噂のEye-Fiを試す―写真を飛ばせる無線付きSDカード
無線LAN内蔵SD「Eye-Fi」を試す。ニコンD90には専用メニューが出現!

無線LAN内蔵デジカメ用SDメモリカード「Eye-Fi」のレビューがあちらこちらに。スタパ齋藤さん、T教授さんも衝動買い。2GBのSDメモリーカードが数百円で買える時代に無線LAN機能に一万の投資は高すぎと思ってしまう庶民感覚に悲しさを覚えますですが、皆さんのレビューを読んでると、十分その価値は在るとの評価っぽい。公衆無線LANサービスとの連携は難しそうですが、スタパさんがブツ撮りを例に挙げているように、宅内で使う場合でも十分メリットがあるようです。

やっぱ、買ってみようかなあ、R10もあることだし。「Share」の評判が良ければ、ジオタグ対応の「Explorer」も日本で使えるようになるのかな?でもって、PlaceEngine採用みたいな流れになったりして…。

ちなみに、Amazonのユーザーレビューに、α100+CF変換アダプター(PhotoFast CR-7000)の組み合わせでNGとのレポートがあがってました。α100がデータ書込後、すぐにCFへの電源を落としてしまう仕様だからというのが理由とか。他のαでも同じなのかなあ…。

【追記】その後、Eye-Fi創立者のインタビュー記事を発見。メモステ版も作ってくれないでしょうかね…>Eye-Fi創立者に聞く–無線LAN内蔵SD型カードの誕生と未来

【関連ニュース】
東急田園都市線、東横線の全44駅で無線LANが利用可能に

エクスパンシス
コメント 停止中