ケータイOS戦国時代~UIQ破産でソニエリの戦略にも変化

欧州から眺めるITトレンド UIQ破産劇が象徴する欧州モバイル市場の移り変わり

英Symbianから2006年にソニエリ本家が獲得しモトローラも参画したSymbian向けUI技術(兼社名)の「UIQ」が2008年12月末にスウェーデンで破産申請をしていたようです。それまでPalmを使っていた欧州ビジネスユーザーが次々と乗り換えていったというソニエリ「Pシリーズ」にも採用されていたUIですがBlackberry、iPhone、Androidの登場や、NokiaによるSymbian買収など、業界の流れと構図が一気に変わり、UIQの事業も滞っていたとか。Windows Mobile搭載端末「XPERIA X1」、Android支援びOpen Handset Allianceへの加盟の発表など、ソニエリ本家のOS戦略も変わりつつあるとのお話。

UIQが消え、Palm webOSが産声を上げる。来年の今頃のケータイOS勢力図はどんなことになっているのでしょうか…。なにより、ソニエリ本家自体が生き残っているのでしょうか…>【CES】Palmが「インターネット時代に合わせた」OSを新開発,2009年前半に製品が登場

ちなみに、UIQというキーワードを含む当サイト内のエントリーはこちら

【関連ニュース】
2009年は「Windowsケータイ」でスマートフォンデビュー(端末編)
タッチスクリーン人気に視覚障害者が懸念
次期iPhoneはPSPを上回る3D性能に?–PowerVR SGX543が意味するところ
[CES2009]iPhoneより洗練された操作性!? パームの新型端末Palm Pre
RIM と Palm の決算発表に見るスマートフォン業界2社の明暗 (後編)
苦戦中の Palm が1億ドルの資金を確保
iPhoneアプリケーション開発入門 2008年の一大トピックス
端末メーカーは撤退や事業の統合で2010年ごろに半減する
ケータイに受け継がれたDNA――ポケコン&PDAの過去と現在

コメント 停止中