2008年9月のBlu-rayレコーダー販売動向&Blu-rayソフト売り上げ動向&ソニーA70が2万円値下げ

9月の国内レコーダ市場で、BDのシェアが4割越え-BDA発表。新製品投入でシェアを拡大
BDレコーダーの国内販売シェアが月次調査で初の40%台超え

iconiconGfK Japanが2008年9月の国内DVDレコーダ市場調査結果を発表。国内DVDレコーダー市場で、Blu-ray対応機種の販売台数シェアが42.7%になったそうです。月次での4割超えは初めてとか。

ちなみに、GfK Japanのサイトには、「北京オリンピック商戦 Blu-rayレコーダー販売動向」、「北京五輪商戦:カテゴリー別にみた五輪効果を検証」のPDFもあります。

JVA、2008年9月のビデオソフト売上速報を発表 -BD売上は今期2番目の高実績。販売用DVDは低調続く

こちらは日本映像ソフト協会による2008年9月度のビデオソフト売上速報。BDビデオ(HD DVD含む)の売上金額は前年同月比726.7%の8億4,300万円、数量は同500.3%の17万7千枚で、今期2番目の高実績とか。売上金額における、DVD:カセット:BD(HD DVD含):UMDの割合は、96.2:0.1:3.6:0.1。

Blu-rayレコーダーが金額ベースで国内のDVDレコーダー市場全体の成長に寄与しているようですが、Blu-rayソフトはまだまだこれからといった印象です。

Blu-rayといえば、PSPやウォークマンへのお出かけ転送に対応したソニー「BDZ-A70icon」がソニスタで20,000円値下げされ、販売価格が148,000円になったようです。スタメンクーポンがあれば13万円台&ソニーポイント2000付き。

【関連ニュース】
もう「PS3」だけじゃない、低価格BDプレーヤー
10月特集: ブルーレイは“画質”で選ぶ!
<検証!PS3 “現在”の実力>第4回:PS3のDVDアプコン画質は最新BD機プレーヤーに勝てるか?

コメント 停止中