ジークスがchumbyの国内販売代理店になった経緯

ぬいぐるみのような万能端末 好きなコンテンツ取り込み機能を追加 ジークスの「チャンビー」(1)

間もなく国内発売が開始されるchumby。日本の正規販売代理店であるジークス社木村社長へのインタビュー。同社が販売代理店になった経緯が説明されてます。

元々は木村社長のchumbyへの興味や好奇心から始まったようで、「何か一緒にビジネスができないか」という気持ちで本家にコンタクトをとったところからすべてが始まったんですね。「最適な情報を、最適な形で届けたい」というのがジークスのポリシー。そうした気持ちでビジネスに取り組む中で、情報端末としてのchumbyに非常に大きな可能性を感じたとのこと。なお、インタビューはまだ続くようで、次回はそのchumbyの可能性と日米でのビジネスモデルについて語ってくれるそうです。

個人的な興味や関心が強力なモチベーションとなり、何かを成し遂げるための推進力や求心力にもなっていく。大事ですね、好奇心。

【追記】日経ITPlusでchumbyのプチレビューが掲載されていましたー。“ネットを「ながら見」”という表現は大変わかりやすいです>ネットを「ながら見」できる、目覚まし時計型ウィジェット端末「chumby」

【関連ニュース】
机の上が画期的に美しくなるオドロキのUSBハブ(9980円)は高いか! 安いか!

エクスパンシス
コメント 停止中