密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式採用のインナーイヤーレシーバー新製品『MDR-EX500SL』『MDR-EX300SL』

開発13.5mmドライバーユニットを外耳道に垂直配置する方式で高音質と優れた装着性を両立した密閉型インナーイヤーレシーバー2機種 発売(ソニードライブ)

ソニーは、密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式採用のインナーイヤーレシーバー新製品2機種『MDR-EX500SLicon』『MDR-EX300SLicon』を10/10に発売すると発表。新開発の13.5mmドライバーユニットの搭載とハイブリッドシリコンイヤーピースを採用することで高音質を実現。主な特長は、以下の三点。

  • 密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式採用で、高音質再生と快適で安定した装着性を両立
  • 新開発の13.5mmドライバーユニットを採用し、クリアな高音質再生を実現
  • 装着性と音質を向上させる新ハイブリッドシリコンイヤーピース採用

また、『MDR-EX500SL』は、不要な振動を抑えて解像度の高い音を再生するML(マルチレイヤー)ダイアフラムを採用。更に、金属筐体の採用で、不要な振動を低減し、安定した音を実現するとか。希望小売価格は、EX500が税込み12,390円、EX300が6,195円。ソニスタでの販売価格はEX500が9,980円、EX300が4,980円

iconicon iconicon

EX700SL直系の新製品(廉価版と量産タイプ?)ですね。価格差に見合うだけの差がどの程度あるんでしょうか。こればっかりは静かな場所でじっくり聞いてみないとわからないや…。

【追記】EX500がEX90の、EX300がEX85の後継という位置づけなんですか!それは良いけど、EX90がディスコンになるってことにはならんですよね…>ソニー、カナル型イヤフォン「EX90SL」の後継「MDR-EX500SL」-最上位と同構造で実売1万円。5,000円の下位機種も

コメント 停止中