ポケットビットに息づくソニーデザインのDNA

POCKETBIT USM-L/LX series(Sony Design|Activity|Feature Design)

iconiconSony DisignホームページのFeature Designコーナーで「ポケットビットicon」USM-L/LXシリーズが取り上げられています。USBメモリーのデザインの難しさ、スライドアップスタイルの生みの親がノックスライド方式に辿り着く過程、ストラップホールへのこだわりなど、汎用製品におけるソニーの差別化手法がかいま見られる面白いインタビューだと思います。

USBメモリーのデザインを突き詰めた結果生まれたノックスライド方式。これをソニーのスタンダードにしてもよいのではないかというコメントも出てきます。個人的に注目したのは、岡さんのこのメッセージ。

コストやサイズの制限がいかに厳しくても、デザイナーのアイデアが宿ることで、これだけ違うプロダクトが生まれる

やっぱこれでしょ。低価格PCにだって同じことが言えるんじゃないでしょうかね…。

エクスパンシス
コメント 停止中