ソニーがバイオCTOをグローバル展開~米国で家電が日本でPS事業好調の話も

ソニー、パソコンを世界で受注生産 今年度、販売台数3割増

ソニーが、日米向けだけだった、オーナーメード方式(CTO)のPC販売をグローバル展開するというニュース。中国と南米でスタートしたほか、今秋には欧州でも開始するとか。先日発表された、PC事業で年間売上高1兆円という中期目標の達成に向け、2008年度の世界総販売台数を680万台(前年度比3割増)に引き上げるそうです。

一兆円って翌々考えたらスゴイ数字ですよね。1,000,000,000,000円ですよ。20万円のPCが500台で1億だから、その1万倍は5,000,000台。こりゃ、大変だ…って、計算あってます?(万いらなかったっすね。ツッコミ感謝>ツー三さん)

iconicon

ソニーの家電、景気減速でも米国で好調

サブプライム問題、原油高、ドル安など、景気後退が叫ばれる米国で、ソニー製品の売れ行きが好調だというニュース。「日本よりも安価な部品を使って、メキシコでMシリーズを開発」、「ハイエンド製品を買わないかもしれない消費者向けに、節約できそうな手段を提供している」などのコメントに代表されるように、ロー~ミドル製品が好調という事なんでしょうね。

昔は“中の上”ぐらいのイメージがありましたが、今のソニーはヘタすると“下の上”なんじゃなかろうか…。ま、手前のようなパンピー庶民の見栄っ張りに最適なのがソニー製品ってなこったー。

PS3、国内販売でWiiを追い上げ
PSPの上期国内販売は196万台、ハード販売首位に

PS3もPSPが国内で絶好調だそうですが、どちらも3rdパーティーソフトに助けられた形なのは誰しもが認めるところ。これからが本当の勝負っすね。

ちなみに、コナミの小島チームは元々が神戸、カプコンは大阪ですよね。ソニーのプレステビジネスはある意味、関西パワーに救われているとも言えそうな気もしないでもないっす。昨晩深夜に東京ローカルで見た「探偵ナイトスクープ」に出てくる人たちのパワーを見てそんなことを感じました。って、翌々考えてみたら任天堂も京都ですね。

No tags for this post.
コメント 停止中