ソニエリ製サイバーショットケータイau「W61S」に4つの不具合

ケータイアップデートのお知らせ(au by KDDI)

KDDIがソニエリ製「W61S」を含むau携帯電話3機種(残りはW61T/W63SA)について、「ケータイアップデート」の準備が整ったとアナウンス。ケータイアップデートでW61Sは以下の事象が改善されます。アップデートの所要時間は最大20分とか。

  1. EZweb利用中に電源のリセットやキー操作を受付けない状態になる場合がある
    ※ 情報量が多いサイトなど特定のサイトを閲覧中に発生する可能性あり。キー操作を受付けない場合は、電池パックを脱着。事象が発生しても、データが毀損したり、消失したりする事はない
  2. EZwebの接続やEメールの通信に失敗する場合がある
    ※ 事象が発生した場合には、電源を入れ直す
  3. カメラを起動中に電源がリセットする場合がある
    ※ カメラ起動中にキー操作を行った場合や、カメラ切替を行った場合などに発生する可能性あり。事象が発生しても、データが毀損したり、消失したりする事はない
  4. 電池残量レベルが正しく表示されない場合がある
    ※ カメラ起動中やEZweb接続中、充電中に発生する可能性あり

Web絡みの不具合はともかく、カメラ起動中の電源リセットはカメラ機能が売りのサイバーショットケータイらしからぬ不具合ですね…。ちなみに、今回のアップデート対象機種は全てKCP+採用ながらも「事象の原因はそれぞれ異なる」そうです。そうは言ってもねえ…。KCP+への不安が払拭されるのはいつになる事やらです…。


【関連ニュース】
auのW61S/W61T/W63SA、電源リセットなどの不具合

エクスパンシス
コメント 停止中