ソニエリ製ドコモ「SO905iCS」、「SO905i」に複数の不具合

ドコモのSO905iCS/SO905iに複数の不具合、ソフト更新開始
SO905iCSのソフトウェアアップデート情報(NTTドコモ)
SO905iのソフトウェアアップデート情報(同上)

ソニエリ製ドコモ「SO905iCS」、「SO905i」に複数の不具合があるとかで「ソフトウェア更新」の提供が開始されました。主な不具合は以下の内容で両機種共通。この他に、細かい修正も含まれるとか。更新時間は「SO905iCS」が約30分、「SO905i」が約40分。

  • メールの自動受信ができない場合がある。
  • iモード問い合わせで「メールがいっぱいです」と表示され、待受画面に戻る場合がある。
  • 着信してすぐに発した声が相手に聞こえない場合がある。
  • 伝言メモに録音された音声が小さい。

裏返すと、こういう不具合があるのに発売されたって事なんですよね…。

ACCESS、ドコモの906i・706iシリーズ全19機種に「NetFrontBrowser」を提供

ドコモ絡みですが、先日発表された906i・706iシリーズ全19機種に、ACCESSの「NetFront Browser」が採用されているそうです。SO906iには、ブックマークサムネイル機能、Virtual Pointer機能なども提供されているとか。

個別のアプリも良いけど、そろそろALPも…。ってその頃にはソニエリはドコモから完全撤退していたりするのかな…。


【関連ニュース】
苦戦するソニーエリクソン、独り勝ちノキアの利益率は20%超に–世界携帯電話端末市場
モバイル機器で増えるLinux(第21回):塩田紳二「モバイルトレンド」

エクスパンシス
コメント 停止中