世界初、ノイキャン機能をデジタル化したノイキャンヘッドホン「MDR-NC500D」

世界初、ノイズキャンセリング機能をデジタル化 周囲の騒音を約99%低減するノイズキャンセリングヘッドホン発売

ソニーは、世界で初めてノイズキャンセリング機能をデジタル化し、周囲の騒音を約99%低減するノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500Dicon」を4/21に希望小売価格49,350円で発売すると発表。騒音をデジタル信号化して高速処理するDNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンを開発したことでノイズキャンセリング機能のデジタル化を実現。綿密なフィルター特性により、ノイズキャンセリング機能を大幅に向上し、またキャンセリング時に起こる再生音への影響を「デジタルイコライザー」が制御することで高音質再生を実現しているそうです。

iconicon「AIノイズキャンセリングモードボタン」を押すと、最適なノイズキャンセリングモードを3種類のモードの中から自動で選択。様々な特性を持つ騒音に合わせて効果的なノイズキャンセリングを実行できるとか。また、大口径40mmドライバーユニットを騒音検出マイクと一体にすることで、マイクと振動板を可能な限り近い位置に設置することができ、安定かつ広帯域のノイズキャンセリングを実現しているそうです。なお、電源は内蔵リチウム電池ですが付属の電池ケース付きコード利用時には単3電池も使用可能らしいです。内蔵リチウム充電池利用時の電池持続時間は約16時間、アルカリ電池使用時は約10時間。

MDR-NC500Dスペシャルコンテンツ
MDR-NC500D開発者インタビュー

これこそがノイキャンヘッドホンの最高峰ということなんでしょうね。開発者インタビューには、開発のスタートが2年ほど前で、基本的なシステムを組み込んだ初号機が出来たのが1年ほど前との記述があります。相当な時間をかけてブラッシュアップしたんですねー。また、「音質もとてもよくなりました」、「音質がよくなるからこそ、デジタル化したといってもいいぐらい」とのコメントもあります。NC60には少々がっかりでしたが、今度は期待できそう。というか、NC60は噛ませ犬だったんかいーっ!最大のネックは価格。ソニスタでは39,800円ですが、それでもサクッと手が出る値段じゃないっすね。むー・・・・・。

ヘッドホンと言えば、最近こんなものを買いました。


ep-q1.jpg

「EP-Q1」というスペアイヤーパッドです。部屋の整理をしていたら昔に買った「MDR-G73」が出てきまして、久しぶりに使ってみたくなったのですが、イヤーパッドがボロボロになってまして…。ちなみに、ソフトダウンロード以外のソニスタでのお買いもので284円は最低記録。こんなものに送料無料クーポンを使う自分は鬼でしょうか…。赤にしてゴメンね、ソニスタさん。

それはそうと、最近のカタログを見てみたらG73にディスコンマークが。自分、ネックハンド式のヘッドホンで唯一許せるのがこのスパイラルベックバンドなんですよね。無くなってしまうのが非常に惜しいです。Blutoothヘッドホンとして華麗に復活してくれないかなあ…。

【関連リンク・ニュース】
ノイキャンヘッドホンの最高峰「MDR-NC60」を使ってみたけど…
ネックストラップタイプのノイキャンヘッドホン「NC32NX」を試す

エクスパンシス
コメント 停止中