α350で撮る超ローエンドの世界

画質で見る「α350」──1420万画素+ISO 3200の実力は?

iconicon3/7の発売から一週間経過したα350iconの実写レビュー。オートホワイトバランスの精度が上がり、印象に近い適切な色合いの再現が行なわれているとか。また、ISO1600以上はむしろノイズを意識的に利用するような作品作りが必要とのこと。ライブビューだからこそ撮れる超ローエンドの世界の作例にも注目。また、バッテリーの保ちもよいようです。桜の開花も近づき、チルト可動式液晶モニターとライブビューでいつもと違ったアングル撮影が期待できそうですね。

ATP、デジカメ用GPSレシーバー「PHOTO FINDER」~PC不要で位置情報の書き込みが可能

こちらは、ATP社のデジカメ用GPS受信ユニット「PHOTO FINDER」に関するニュース。メモリーカードスロットを内蔵しており、撮影後のメモリーカードを挿入すると画像に位置情報を書き込めるとか。付属のカードリーダーを介せばメモステPRO、メモステPRO Duoにも対応するそうです。4月中旬発売予定で店頭予想価格は19,800円前後とか。ソニーのGPSユニット「GPS-CS1KSPicon」と違い、PCを介さずに位置情報を付加できる点が特徴みたいです。


【関連ニュース】
【実写速報】ソニー「α350」
ソニー、香椎由宇さんとα350によるインタラクティブ写真映像展
ソニーα700【最終回】新ツァイスレンズ「24-70mm F2.8 ZA SSM」
デジタル一眼初心者モデル百花繚乱、春の陣前半戦の動向は?

エクスパンシス
コメント 停止中