大容量フラッシュメモリー搭載のステレオICレコーダー新製品2機種

ソニー、MP3再生対応ボイスレコーダの2GBモデル-最高音質で35時間録音可能。形式はLPEC

iconiconソニーがMP3再生にも対応するフラッシュメモリー内蔵のボイスレコーダー2機種を2/21に発売するそうです。価格はオープンプライスで、ソニスタ販売価格はメモリー2GBの「ICD-SX88icon」が24,800円、同1GBの「ICD-SX78icon」が19,800円。PCとの接続はUSBで、データの取り込みや管理は付属の「Digital Voice Editor Ver.3.1」を利用。録音したデータはMP3やWAVに変換可能。電源は単4ニッケル水素電池2本で、USB経由での充電も可能とか。

地味に新製品を出しているように見えるんですが、ソニーのボイスレコーダーって国内シェア2位なんですよね。

iconiconちなみに、こちらの記事では本気モードで議事録作りをするために、PCMレコーダー「PCM-D50icon」をボイスレコーダーとして使おうと提案してます。「会社トップや著名人にインタビューするときなど、失敗が許されない場面で絶対的な安心感になるだろう」とのこと>生録レコーダーで議事録革命・ソニー「PCM-D50」

余談ですが、昨年小寺さんとロケフリ対談した時、同行した編集のご担当さんはポータブルカセットレコーダーで対談の音声を収録してたんです。テープが一番信頼できるんですって。アナログだから巻き戻しや早送りも感覚的にできるとか。バックアップも複数台あるとおっしゃってました。プロの現場ではアナログがまだまだ現役。面白いですね。


【関連リンク・ニュース】
ソニー ICレコーダーホームページ ICD-SX88/SX78
ソニー、80~20,000Hzの広帯域録音対応ボイスレコーダ
ソニー、長時間録音に対応する高感度マイク搭載ステレオICレコーダー
ソニー、記録容量2GBの高音質ステレオICレコーダーを発売

エクスパンシス
コメント 停止中